田崎竜太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「竜太」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213およびMicrosoftコードページ932)が含まれています詳細
たさき りゅうた
竜太
生年月日 1964年4月19日(50歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督演出家
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1987年 - 現在
公式サイト 田崎竜太 (@tasaki4158) - Twitter
主な作品
テレビドラマ
仮面ライダーシリーズ」「Sh15uya
非公認戦隊アキバレンジャー
映画
小さき勇者たち〜ガメラ〜
忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段

竜太(たさき りゅうた、1964年4月19日 - )は、主に特撮テレビドラマ作品の監督演出家東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。

来歴[編集]

1987年早稲田大学の先輩である東映の寺成紀プロデューサーが上司である堀長文プロデューサーに「何の仕事でも良いので田を使ってください」と直訴。その甲斐あって堀の意向で大学在籍中に『仮面ライダーBLACK』にてサード助監督として関わり、キャリアをスタート(なお、同番組参加前に『超人機メタルダー』に3日間勉強として現場に参加したのが正式なデビューである)。その続編となる『仮面ライダーBLACK RX』ではセカンド助監督、同じく石ノ森章太郎原作の作品であるテレビドラマシリーズ『HOTEL』でも助監督を務める。それらの作品では松井昇がチーフの助監督を務めており、以降松井の下や東映特撮作品の現場で助監督として長く師事する。

1993年よりスーパー戦隊シリーズの『五星戦隊ダイレンジャー』の現場に参加し渡辺勝也竹本昇と各話交代でチーフ助監督を担当。その翌年の『忍者戦隊カクレンジャー』よりほぼ単独でチーフ助監督とキャリアを重ねていき、1995年寺プロデューサーの推挙により『超力戦隊オーレンジャー』の第39話「皇子決闘に死す」で本編の監督デビュー[1]。その翌年には寺がチーフプロデューサーを務める『激走戦隊カーレンジャー』で早くもローテーション監督に定着。続く『電磁戦隊メガレンジャー』でも重要回を数多く采配したのち、1998年スタート『星獣戦隊ギンガマン』で初のメイン監督を務める。その後、同シリーズの英語版ローカライズ作品であるパワーレンジャーシリーズの制作側が、東映に監督の貸し出しを要望していることを知り、参加を希望[1]。同シリーズのプロデューサー、ジョナサン・ヅァクワーの招聘で渡米[2]、同シリーズに2年携わったあと帰国[1]。2001年、白倉伸一郎プロデューサーの招聘で『仮面ライダーアギト』より仮面ライダーシリーズに監督として復帰、『仮面ライダー555』まで3年連続でメイン監督としてシリーズに関わり劇場版の演出も手掛けた。その後『美少女戦士セーラームーン』を経て、子供向け特撮番組から離れ、オリジナルのSFドラマ『Sh15uya』を監督した。

2006年、初めて東映の手を離れて手がけた監督作品『小さき勇者たち〜ガメラ〜』が公開。その後『仮面ライダーカブト』でOP演出&サード監督として仮面ライダーシリーズに3年ぶりに復帰、『仮面ライダー電王』から2010年スタートの『仮面ライダーオーズ/OOO』まで5作連続でパイロット演出を担当。また2010年には『星屑たちのfootage(フッテージ)』で舞台の初演出を務めた。2012年には『非公認戦隊アキバレンジャー』のメイン監督を経て、スペシャルドラマ『特捜最前線×プレイガール 2012』シリーズの演出を一手に担当した。2013年は『非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛』『仮面ライダー鎧武/ガイム』の2作品でパイロットを手掛ける傍ら、『科捜研の女』や舞台演出、映画を2本手掛けるなど精力的に活動している。

エピソード[編集]

  • 早稲田大学在学中には特撮ファンサークル「怪獣同盟」に所属し、高寺成紀は先輩、塚田英明は後輩に当たる。
  • の業界入りに寄与した堀長文は田を「英語は喋れるし、勉強熱心で、真面目。僕は監督としての田と仕事はしたことがないけど、ときどき現場は覗きに行っていた。もうスタイルが出来上がっている監督で、何の心配も要らなかった。厳しい現場で揉まれて揉まれて大きくなったね」と評している[要出典]
  • メイン監督を初めて務めたのは『星獣戦隊ギンガマン』だが、前年度の『電磁戦隊メガレンジャー』においても、通常パイロット監督が手掛けることの多いオープニング・エンディング演出を代行しつつ、新ロボ・新戦士登場編や地方ロケ編を担当するなどメイン監督に近い役割を担っている。
  • 1998年の『星獣戦隊ギンガマン』が初パイロットであるが、同時期に放映された『テツワン探偵ロボタック』では渡辺勝也がパイロットを務めている。前年パイロットは長石多可男坂本太郎、前々年は小林義明東條昭平、長石で二回りほど若返っている。東映特撮演出陣の世代交代を強く象徴した人事として当時話題となった[要出典]
  • 仮面ライダーBLACK』に出演していた田口あゆみによると、撮影が終わった後も田とは個人的に親交があったようで、後に『劇場版 仮面ライダーアギト PROJECT G4』で映画監督デビューを果たすことになった際、田が田口と子供の分の映画招待券を贈ったそうである[要出典]
  • 坂本太郎が『パワーレンジャー・ワイルドフォース』を手掛けるために日本を離れるときに、田が主催した坂本の壮行会を開催している。その壮行会には150名余りが集まった[要出典]
  • 美少女戦士セーラームーン』序盤部、そして『仮面ライダー555』を手掛けた後、田は東映を離れ脚本家の米村正二とともにフジテレビトムス・エンタテインメント制作による『エクスマージュ』の企画に参加した。2004年10月より半年間放送される予定で雑誌に告知記事が先行掲載されたりもしたが、制作会社が突如制作を断念。企画が頓挫したことを田は旧知の東映・白倉伸一郎プロデューサーに報告したところ、白倉は「東映で作ります」と田に持ちかけた。結果、制作会社が東映に変更、放送局はフジテレビからテレビ朝日、放送期間は半年から1クール、その他放送開始日やキャストなどの変更といった紆余曲折を経て2005年1月より『Sh15uya』として放送された[要出典]
  • 東條昭平諸田敏ほどではないが田自身もカメオ出演したことがある。『美少女戦士セーラームーン』の「Special Act」編で主人公の父親役として登場している。TVシリーズでは父親の姿はなかったものの、その回での終盤のみに登場し、主人公の結婚式場で泣きながら感激する姿が確認できる。
  • 下の名前の竜太の名の由来は辰年から来ているのだと本人は語っている[要出典]
  • 仮面ライダーディケイド』のコンプリートフォームは、召喚したライダーが分身となって同時に動きをとって攻撃をするというアクションをするが、これは『仮面ライダーアギト』に登場した仮面ライダーギルスの変身シーンを意識したと語っている[要出典]
  • 下記の仕事以外では、2006年にドキュメンタリー映画『映画監督って何だ!』に出演、伊藤俊也の下で助監督の応援にも就いた。また『HOTEL』で師事した瀬川昌治監督が塾長を務める瀬川塾での演技指導などがある。
  • 仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』『忍者戦隊カクレンジャー』で助監督として師事した小笠原猛が死去したときには自身のツイッターで「小笠原監督とは、もっとお酒を酌み交わしたかったです。もっともっと厳しいご指導を受けたかったです。お別れが辛く、痛いです」、監督として多くの作品で共働した長石多可男が死去したときは「長石監督ご逝去の報に触れ寂しく悲しい思いでいっぱいです。戦隊・ライダーで監督同士として、とても良い作品上での語り合いをさせていただきました。優しい眼差しが捉えた美しい映像の数々は戦隊・ライダーにとって永遠の財産です。お疲れ様でした」とツイッターに記している[要出典]
  • 仮面ライダーシリーズの監督本数は(劇場版など含めて)歴代4位の100本である。
  • 撮影プランの立て方は、事前にイメージを固めてもコンテの画に引っ張られてしまい、撮影の状況も日を追う毎に変わってくるため、なるべくギリギリに決めるという形を心掛けている[3]

パイロット監督として[編集]

  • 監督として参加した連続テレビドラマシリーズはこれまで27シリーズあるが、そのうち17シリーズでパイロットを務めあげている。これは東映特撮作品では竹本弘一小林義明田中秀夫といった先達の実績を凌駕するものである。新シリーズの第1話は特別に時間と予算が配分され制作される重要回であり、プロデューサーの寺成紀白倉伸一郎武部直美塚田英明日笠淳丸山真哉の田に対する信頼の程が窺える。田にパイロット作品を託す理由としては塚田は「巷では『パイロット監督請負人』みたいな言われ方をされていますが、やはり緻密だし、設定や世界観を映像に起こす能力が凄く秀でている監督だから」と雑誌インタビューにてその理由を述べている[要文献特定詳細情報]
  • 作品スタイルを確立させるパイロットを手掛けることの多い責任感からか、役者の演技指導については細かく、また厳しいとの評がある。森カンナによると田が演技指導については一番繊細な監督であったといい、「ここで一回笑って、ここで笑うのを止めて、ここでまた笑って」とその指示の方法も細かく具体的なものであったという[要出典]
  • また『仮面ライダー電王』のパイロット組を撮影中、田は役者への指導において「俺はこれで許しても巨匠(石田秀範の愛称)は許してくれないぞ!」などと役者を叱咤激励していた[要出典]
  • しかし田本人はパイロットを担当するより第3・4話(パイロットの次の組)を監督するほうが難しいと度々インタビューにて答えている。その理由として、スケジュールの進行上第3・4話はパイロットの完成を待たずして制作に入ることになっており、完成見本がないまま手探り状態で制作にあたらなければならないからと述べている[要出典]。最近では「年間を通じて第3・4話を演出するのが一番難しい」とまで主張しており、だからこそ『仮面ライダー電王』で長石多可男や『仮面ライダーW』で諸田敏が演出した第3・4話を見て「長石監督はすごい」、「見事な第3-4話を作り上げた諸田さんはすごい。パイロットを崩して、さらに面白くした」[4]と感服したという。
  • その田の言葉に影響を受け、弟子筋である鈴村展弘が『仮面ライダー剣』『Sh15uya』の第3・4話を演出することになったとき、かなりのプレッシャーがあったとインタビューで答えている[要出典]
  • 小笠原猛監督も「第3・4話はいろんな皺寄せがくるから面倒なんだよ」と田と同じような意見を雑誌インタビューで述べている。しかし反面辻野正人監督のように「第3・4話よりそりゃパイロットのほうが難しいですよ」と答える監督もおり、この問題に関しては各人によって見解は分かれる模様である。因みに田は2013年現在、セカンドパイロットを担当したことは1度もない。
  • ただし『非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛』においては、諸スケジュールの都合上放送順での撮影ではなく、第4・5話の鈴村組の撮影を先に行い、その後、第1~3話の田崎組の撮影が行われている。従って、同番組の実質的なパイロット演出は鈴村展弘が担っており、田崎の生涯初のセカンドパイロット作品ともいえる[独自研究?]

作品[編集]

テレビ[編集]

連続[編集]

太字はパイロット担当作品。

単発[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 忍者戦隊カクレンジャー スーパービデオ 秘伝之巻(1994年、講談社
  • 超力戦隊オーレンジャー スーパービデオ 隊員手帳(1995年、講談社)
  • 超力戦隊オーレンジャー スーパービデオ オーレ!超力情報局(1995年、講談社)
  • 激走戦隊カーレンジャー スーパービデオ(1996年、講談社)
  • 電磁戦隊メガレンジャーVSカーレンジャー(1998年、東映ビデオ

ミュージックビデオ[編集]

脚本作品[編集]

  • スワッピング・スクール(1996年、ピンクパイナップル)松井昇との共同脚本

演出協力[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大前京太郎(構成・文)、NIRDY(構成・文)、ヤス(構成・文)「ガオレンジャーVSパワーレンジャー」、『フィギュア王』No.44、ワールドフォトプレス2001年、 20頁、 ISBN 978-4846523183
  2. ^ 製作現場について”. 東映マイスター. 2014年8月23日閲覧。
  3. ^ 「監督・田崎竜太インタビュー」、『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ2003年5月1日、 12-13頁、 雑誌コード:01843-05。
  4. ^ 『仮面ライダーマガジン』Winter '09-'10(2009年、講談社)

外部リンク[編集]