田原町駅 (福井県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田原町駅
田原町駅 駅舎
田原町駅 駅舎
たわらまち - Tawaramachi
所在地 福井県福井市田原1丁目
所属事業者 えちぜん鉄道
福井鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線(三国芦原線)
1面1線(福武線)
開業年月日 1937年昭和12年)4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 えちぜん鉄道三国芦原線
キロ程 3.6km(福井起点)
西別院 (0.5km)
所属路線 福井鉄道福武線
キロ程 20.9km(越前武生起点)

田原町駅(たわらまちえき)は、福井県福井市田原1丁目にある、福井鉄道えちぜん鉄道である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅は木造平屋建てとなっており、一つの駅舎を福井鉄道とえちぜん鉄道で共有する。

福井鉄道

南側は福井鉄道の無人駅で、軌道線の終点となっている。単式ホーム1面1線を有する。当駅と仁愛女子高校駅との間は、ホームを離れてすぐ分岐して複線となり、フェニックス通りと呼ばれる幹線道路との併用軌道に入る。かつては駅構内まで複線であり、市内軌道線車両との乗り換えホームがあったが、その後南側の線路およびホームは撤去され、駐車場となっている。乗車券は早朝・深夜以外、車内で係員から購入するが、平日・土曜日朝のラッシュ時には駅員が常駐し、集札のみ行う。

ホームから西側の車止めまでは1編成分収まる距離があり、夜間滞泊の運用がある。低床車両導入後は日中にも留置運用が設定されている。

えちぜん鉄道

北側はえちぜん鉄道の有人駅(早朝および深夜は無人)で、単式ホーム1面1線を有する。京福電気鉄道から譲受後、リニューアルされている。

双方の線路軌間電化方式とも同じだが、現在まで線路が接続されたことはない。

駅周辺[編集]

周辺は福井大学北陸中学校・高等学校藤島高等学校などの学校施設が多いため、朝夕は学生・生徒たちで賑わう。 この他、南側には会議施設のフェニックス・プラザ(市営)や市営体育館、北側には福井市立図書館や福井県立美術館がある。また、駅東には福井鉄道バスの停留所(兼 簡易バスターミナル)が置かれている。

主な施設等

アクセス[編集]

隣の駅[編集]

福井鉄道
福武線
急行・普通
仁愛女子高校駅 - 田原町駅
えちぜん鉄道
三国芦原線
西別院駅 - 田原町駅 - 福大前西福井駅

その他[編集]

当駅における福鉄福武線・えちぜん鉄道三国芦原線の相互乗り入れについて県を中心に事業検討会議[1]を重ね、2013年度から設計などの開始、2015年度から運行開始を目指すことに合意した。

脚注[編集]

  1. ^ 福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線の相互乗り入れについて”. 福井県 (2013年2月7日). 2013年12月25日閲覧。

関連項目[編集]