田丸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田丸駅
駅舎
駅舎
たまる - Tamaru
外城田 (3.7km)
(4.0km) 宮川
所在地 三重県度会郡玉城町佐田80
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 参宮線
キロ程 7.0km(多気起点)
電報略号 マル
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
518人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1893年明治26年)12月31日
備考 駅員無配置駅

田丸駅(たまるえき)は、三重県度会郡玉城町佐田にある、東海旅客鉄道(JR東海)参宮線である。

快速「みえ」は原則として通過となるが、参宮線内各駅停車となる夜間の伊勢市終着のものに加え、名古屋行きの「みえ」2号が停車する。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する交換可能な地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。2番線を本線とした一線スルー構造であり、当駅を通過する快速列車は上下線とも2番線を通過していく。一時期は停車列車についても2番線に上下列車とも停車していたが、現在は通過列車と交換を行う場合を除いて方向別にホームを使い分けている(通過列車との交換時は上下線とも1番線発着)。

伊勢市駅管理の無人駅。かつては東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、みどりの窓口も設置されていたが、2012年10月1日に無人化された。

田丸駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 参宮線 下り 伊勢市鳥羽方面[1]  
2 参宮線 上り 松阪名古屋方面[1] 一部列車は1番線

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 698
1999年 704
2000年 710
2001年 677
2002年 646
2003年 627
2004年 599
2005年 583
2006年 570
2007年 552
2008年 548
2009年 551
2010年 558
2011年 567
2012年 518

駅周辺[編集]

北畠氏が築いた田丸城跡や朝日新聞の創設者・村山龍平の遺品を展示した村山龍平記念館がある。

バス路線[編集]

三交伊勢志摩交通

歴史[編集]

その他[編集]

隣の駅[編集]

※当駅に一部が停車する快速「みえ」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東海旅客鉄道
参宮線
外城田駅 - 田丸駅 - 宮川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。
  2. ^ “みえ駅ものがたり JR参宮線 田丸 大正以来の木造駅舎 駅発着 ウオーキング盛況”. 中日新聞 朝刊 広域三重: p. 21. (2010年6月17日) 
  3. ^ “もう不便かけません 田丸駅(参宮線)に跨線橋完成 玉城町”. 中日新聞 朝刊 伊勢志摩版: p. 12. (1983年1月18日) 
  4. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ
  5. ^ JR東海 5駅の業務委託解消(無人化)を計画 - 国鉄労働組合名古屋地方本部 トピックス 2012年06月01日
  6. ^ 各地で駅無人化反対など、サービス改善で宣伝と要請行動 - 国鉄労働組合名古屋地方本部 トピックス 2012年08月23日

関連項目[編集]