田中長徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

田中 長徳(たなか ちょうとく、1947年 - )は、日本の写真家カメラ評論家。偽ライカ同盟・特攻隊長、「東京カメラ倶楽部」特別会員、コシナ研究会顧問。

東京都生まれ。日本大学藝術学部日藝)写真学科卒業。同期にカンボジアで亡くなった一ノ瀬泰造がいる。大学在学中から、ニコンサロンで学生としては初の個展を開催したり、また写真雑誌に作品を発表する。大学卒業後、ウィーンへ滞在。同地で、地道な撮影活動ののち、1980年に帰国。その後は文化庁の公費派遣芸術家としてニューヨークにも滞在。写真雑誌『チョートクのカメラジャーナル』(124号で終刊)主筆を担当。現在も各専門誌への執筆を続けている。カメラをテーマにしたエッセイが中心で、ライカのような歴史あるアナログカメラとデジタルカメラの両方に造詣が深い。

著書[編集]

  • 論より証拠のコンパクトカメラ(アルファベータ)
  • くさっても、ライカ(アルファベータ)
  • くさっても、ライカ2(アルファベータ)
  • カメラコラム300(アルファベータ)
  • カメラ&レンズ ベストテン(アルファベータ)
  • 日本名作写真59+1』(アルファベータ
  • 温故知新のコンタックスG1(アルファベータ)
  • カメラライカ』(光文社
  • 『ライカはエライ』(光文社智恵の森文庫)
  • 『チョートク@ワーク』(毎日コミュニケーションズ
  • 銘機礼讃(日本カメラ社
  • CAMERA100 田中長徳写真集100(アルファベータ)
  • デジタルカメラ進化論(アルファベータ)
  • 使うバルナックライカ(双葉社
  • 使うリコーGR(双葉社
  • チョートク×六本木ヒルズ
  • GRデジタルワークショップ
  • さらば、ライカ―アナログ派のためのデジカメ活用術([廣済堂出版])
  • トウキョウ今昔1966・2006(岩波書店
  • カメラに訊け!-知的に遊ぶ写真生活(筑摩書房
  • 岩波写真文庫復刻版田中長徳セレクション全5巻(岩波書店

他、多数。

外部リンク[編集]