生神女庇護聖堂 (ネルリ河畔)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ネルリ川のほとりにある生神女庇護聖堂ロシア語: Церковь Покрова на Нерли, Tserkov Pokrova na Nerli)は、正教会聖堂であり、中世ロシアの象徴物である。生神女庇護祭を記憶している。ポクロフ聖堂、ポクロフ・ナ・ネルリ聖堂とも。

教会はボゴリュボヴォの、ネルリ川とクリャージマ川の合流点にあり、ウラジーミルの古い首都から13キロ北東に位置する。

殺害された自身の息子の記念のためにアンドレイ・ボゴリュブスキーによって1165年に建築を依頼されたこの聖堂は、アンドレイの石造の城と回廊によって連結されていた。この記念碑的建築物は白い石によって建てられ、1つのドームを持ち、内部には4つの柱がある。建築上の解決としては奉神礼の実行には暗すぎる内部空間を作り出してしまったが、建物の比率は外見をよりスレンダーにみせるために引き伸ばされている。

長い年月にわたり、この記念碑的教会はボゴリュボヴォの宮殿を訪れる人々を迎え入れてきた。春には、かつてはこの地域は洪水に見舞われ、教会は洪水の水に浮かぶかのような姿を呈した。回廊は取り壊されドームの形は僅かに作り変えられたが、教会自体は手を付けられずに後世に残った。壁は今でも12世紀の彫刻によって覆われている。

1992年には、ウラジーミルとスーズダリの白亜の建造物群の一部としてユネスコ世界遺産に登録された。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯56度11分45秒 東経40度33分44秒 / 北緯56.19583度 東経40.56222度 / 56.19583; 40.56222