生物学的元素転換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物学的元素転換(Biological Transmutations)とは、生物の内部で特定の元素が別の元素に転換する現象を示す言葉である。様々な科学者がその存在を示唆する研究を古くから行っていたが、1960年代フランスの科学者のルイ・ケルヴランがそれを明確な概念として確立した。ただし、現在に至るまで肯定的な証拠が得られたことはなく、ほとんどの科学者はその存在を疑問視している。

研究の沿革[編集]

元素転換に類似する概念は原子に関する知識が確立されていなかった中世錬金術の時代に遡られる。

1600年頃にフランドルの化学者J・P・ヘルモントは、だけを与えて生育させた樹木の重さが数年後には大きく変化していたことを見出している。

1822年イギリスのウイリアム・プラウト(en:William Prout)は、の卵から産まれたヒヨコに含まれる石灰分が卵の4倍も増加していることを報告している。また同じ時期にフランスの化学者L・N・ヴォークランは、鶏の卵の殻に含まれる石灰分が餌として与えたオート麦の石灰分をはるかに超える量であったことを確認している。

1849年ドイツのフォーゲルはクレソンの種子を発芽させる実験を行ったが、その実生には種子よりも多くの硫黄分が検出されたことを記している。

1856年から1873年にかけてイギリスの農学者のローズ(en:John Bennet Lawes)とギルバート(en:Joseph Henry Gilbert)は、植物が土壌に含まれている量より多くのマグネシウムを吸収していることを示すいくつかの実験を行っている。

1875年以降、ドイツのフォン・ヘルツィーレ(de:Albrecht von Herzeele)はローズとギルバートの実験を追試し、また独自の実験により硫酸塩を含んだ水で栽培した植物にはが増加していることを見出している。

20世紀に入るとオーストリアの神秘思想家R・シュタイナーバイオダイナミック農法を提唱し、その農業講座の中で一つの元素から別の元素に転換する現象が生じうることに言及している。 この思想は後継者E・プァイファーによって受け継がれ、彼はその著書「大地の生産性」の中で石灰分の乏しい芝生に生育したデイジーが多量のカルシウムを含んでいるといった実例を記している。

フランスでの再発見[編集]

20世紀初頭以降、原子核の構造に関する研究も進展していたが、それにもかかわらず元素転換を示唆する観察例は様々な形で報告されている。

1925年パリ大学理学部のP・フロンドラーは海底の岩石に着生している藻類がヨウ素を作り出していることを報告している。 同様の研究をしていたフランスのH・スピンドラーはフォン・ヘルツィーレの研究に着目し、パリ理工科学校の化学者P・バランジェにその確証を促した。

バランジェ教授はソラマメの発芽実験を行い、カルシウムを含んだ水で栽培した種子が成長すると、カリウムが10%増加することを実験的に確認している。これはフランスの科学誌 "Science & Vie"に「原子物理学を覆すフランス人科学者」という記事として紹介され、大きな波紋を引き起こした。そして1960年、後に「生命の錬金術師」と呼ばれたルイ・ケルヴランが登場する。

元素転換説の確立[編集]

ケルヴランが生物学的元素転換に関する論考を初めて公表したのは1960年7月の『レヴュー・ゼネラル・ド・シアンセ』の「異常な代謝収支と生物学的元素転換」という論文である。この中で彼は、生体の内部では特殊な酵素作用によって核反応に相当する現象、すなわち元素転換が生じている可能性を指摘した。

その後彼は1962年の『生体による元素転換』を初めとする著作を次々と公表し、当時の学会に大きな波紋を巻き起こした。さらにはラットロブスターを使用した検証実験を行い、その成果をフランス農学アカデミーfr:Académie d'Agriculture)に報告している。

ケルヴランの検証実験は「ノン・ゼロ・バランス」という代謝収支の変動を示す方法をとるものだった。すなわち実験処理によってある元素が減少し、別の元素が増加したことを定量的に示すことによって、見かけ上アンバランスなその変動を元素転換反応の結果として捉えるものである。

このような手法による元素転換説の肯定は実験上かなりの制約条件が付随するものであり、当然のことながら後に数多くの批判を受けることにもつながったのである。

元素転換説に対する反響と論争[編集]

いくつかの専門誌に論文を公表したケルヴランは1962年に『生体による元素転換』、1963年に『自然の中の元素転換』を出版した。 前者の著作にはフランス医学アカデミー総裁のL・タノン、後者の著作には国際地球科学連合の副総裁であるG・ロンバールが序文を寄稿しており、生物学的元素転換を「革命的発見」として紹介している。 続く1964年には『微量エネルギー元素転換』が出版された。これらの著作により元素転換説は広く普及され、当時の知識層に大きな影響を与えた。

たとえばJ・ミネレA・シモネトンといった研究者は自らの著作の序文をケルヴランに依頼し、E・プリスニエはその著作の中で元素転換のメカニズムをホメオパシーの作用と関連づけている。またB・シューベルH・カンベフォール地質学における微量エネルギー元素転換についてそれぞれの著作の中で記述している。そしてフランス最初の有機農法レマール・ブーシェ法では生物学的元素転換を栽培技術の理論的根拠として採用し、「カルマゴル」と呼ばれる元素転換の活性剤を普及・販売したのである。

こうした反響に付随して元素転換説を批判する人物も各方面から現れた。G・レストラJ・ロワゾーは1962年11月の『カイエ・ラショナリステ』に批判記事を公表しており、1965年にはフランス化学協会E・カハネA・シノレエンドウマメを使用した実験を行い、否定的な結果を報告している。

これに対しケルヴランは決して自説を取り下げるようなことはしなかった。1967年12月に彼はラットを使用した実験をフランス農学アカデミーに報告しているが、マグネシウムを多く与えられたラットにはカルシウムと燐の増加が観察されたことを報告している。 また1969年1月にはロブスターを使用した実験を農学アカデミーに報告したが、収支の精度に関する批判を受け、再実験を勧告された。そしてその論文と議論の全容はアカデミーの公式記録から抹消されたのである。

関連文献[編集]

  • ルイ・ケルヴラン著,高下一徹訳『生物学的元素転換』 朔明社、2007年

外部リンク[編集]