生物変移説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生物変移説(Transmutation of species もしくはTransformism)とは、19世紀のチャールズ・ダーウィン自然選択説を提唱する前に存在した「一つの種が環境や時間経過で変移して進化した」という学説である[1]。フランス語のTransformismeはジャン=バティスト・ラマルクが1809年に理論を説明する際に用いた用語で、この前ダーウィンの進化論とも言える学説の支持者にはエティエンヌ・ジョフロワ・サンティレールロバート・エドモント・グラント、そして創造の自然史の痕跡を匿名で出版したロバート・チェンバースが含まれる。

彼らと反進化論派である比較解剖学者ジョルジュ・キュヴィエリチャード・オーウェン、そしてダーウィンの友である地質学者チャールズ・ライエルとの議論は、ダーウィンの進化論に多大な影響を与えた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Sloan, Phillip, "Evolution", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Fall 2010 Edition), Edward N. Zalta (ed.), online