生活協同組合コープあきた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生活協同組合コープあきた
AKITA COOP
Coop Akita.JPG
種類 生活協同組合
略称 コープあきた
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:011-0941
秋田県秋田市土崎港北6-1-30
設立 2008年9月21日
業種 小売業
事業内容 供給事業(店舗・共同購入)
文化サービス事業
共済事業
代表者 理事長 大川功
資本金 10億4,769万円 (2010年3月20日現在)
売上高 68億円(2009年度)
従業員数 402名
主要子会社 コープ共同サービス秋田
外部リンク http://www.akita.coop/
テンプレートを表示
共同購入センター・共同購入中央支部・灯油センター
土崎店

生活協同組合コープあきた(せいかつきょうどうくみあいコープあきた)は、秋田県秋田市に本部がある生活協同組合

概要[編集]

秋田県で2番目に古い秋田市民消費生活協同組合と、横手市に本部を置く秋田県南生活協同組合、経営破綻した由利生活協同組合の職員5人と組合員50人が立ち上げた本荘・由利に新しい生協をつくる準備会が合併し、生活協同組合コープあきたが発足。約8万人の組合員を擁し共同購入、共済灯油配達、生協店舗の運営を行っている。

当初の計画では、第2フェーズとして、2010年をめどに大館市に本部を置く秋田県北生活協同組合も合併対象となっていたが、負債処理の遅れなどによりこの時点では見送られた。しかし、2013年9月21日付で、同組合の事業を譲受し、事実上の秋田県単一の生活協同組合となった。

沿革[編集]

  • 1971年(昭和46年)8月5日 - 秋田市民消費生活協同組合が設立。
  • 1983年(昭和58年)10月 - 秋田県南消費生活協同組合が設立。
  • 1999年(平成11年)2月 - 本荘・由利に新しい生協をつくる準備会が設立。
  • 2008年(平成20年)
    • 7月8日 - 秋田市民消費生活協同組合、秋田県南消費生活協同組合、本荘・由利に新しい生協をつくる準備会の合併調印式。
    • 9月21日 - 3生活協同組合が合併し、生活協同組合コープあきたが設立。
  • 2009年(平成21年)7月20日 - 早口生活協同組合を合併。
  • 2010年(平成22年)9月14日 - 共同購入県南支部が横手市大屋新町から同市金沢中野に新築、移転[1]
  • 2013年(平成25年)9月21日 - 秋田県北生活協同組合の事業を譲受。


事業所[編集]

  • 本部/秋田市土崎港北6-1-30
  • 共同購入センター・共同購入中央センター・灯油センター/秋田市飯島字穀丁大谷地1-20
  • 共同購入西センター/秋田市茨島6-18-65
  • 共同購入男鹿センター/男鹿市船川港比詰才ノ神90
  • 共同購入県南センター/横手市金沢中野字上矢来沢22-1
  • 共同購入由利センター/由利本荘市大浦字家後122-4
  • 共同購入北センター/大館市釈迦内字山神社後30-12

店舗[編集]

  • 土崎店/秋田市土崎港北6-2-90
  • 茨島店/秋田市茨島4-19-19

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同時に共同購入中央支部から大仙市の一部と仙北市全域の共同購入事業を移管される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]