生活協同組合さいたまコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生活協同組合さいたまコープ(せいかつきょうどうくみあいさいたまコープ)は、埼玉県に本部をおいていた消費生活協同組合[1]

コープネット事業連合に加盟。組合員数90万385人、出資金総額247億5,408万円(2013年3月現在)。

2013年平成25年)3月21日生活協同組合コープとうきょう生活協同組合ちばコープと事業統合。新組合「生活協同組合コープみらい」が発足[2][3](存続法人はさいたまコープ[4](存続法人はさいたまコープ[4]

沿革[編集]

  • 1947年昭和22年) - 高階村消費者生活協同組合設立[1]
  • 1949年(昭和24年)6月 - 高階村消費者生活協同組合認可[1]
  • 1965年(昭和40年)12月 - 所沢生活協同組合設立[1]
  • 1966年(昭和41年)3月 - 所沢生活協同組合認可[1]
  • 1970年(昭和45年)12月 - 高階生協と所沢生協が合併、埼玉中央市民生活協同組合設立
  • 1971年(昭和46年)
    • 4月 - 埼玉中央市民生活協同組合認可[1]
    • 5月 - 埼玉南部市民生活協同組合設立[1]
    • 11月 - 埼玉南部市民生活協同組合認可[1]
  • 1972年(昭和47年) - 埼玉北部市民生活協同組合設立、埼玉県生活協同組合連合会設立
  • 1979年(昭和54年) - 埼玉中央市民生活協同組合と埼玉南部市民生活協同組合が合併、埼玉中央市民生活協同組合に
  • 1982年(昭和57年) - 埼玉市民生活協同組合と埼玉中央市民生活協同組合が合併し、市民生協さいたま生活協同組合に
  • 1990年平成2年) - 県農協中央会・県経済連・さいたまコープの4者で「埼玉県協同組合間提携に関する基本協定」締結
    正式名称を「生活協同組合さいたまコープ」に
  • 1991年(平成3年)
  • 1996年(平成8年) - 埼玉北部市民生協とさいたまコープが合併
  • 2002年(平成14年)8月 - コープぐんまとPC・日配センターの共同化を開始[5]
  • 2005年(平成17年)
    • 8月 - POS・業務システム・MDを完全統合[5]
    • 9月 - 子会社「コープ開発(現・協同開発)」をコープネットの子会社化[5]
  • 2006年(平成18年)
    • 6月 - 商品案内本誌の名称をコープネットの「ハピ・デリ!」に統一[5]
    • 12月 - コープとうきょうの労働組合と合併し、コープネット労働組合を設立[5]
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 - シンボルマークをコープネットのグリーンバルーンに統一[5]
  • 2010年(平成22年)
    • 4月1日 - 武蔵浦和店で「ネットスーパー」の試験運用を開始[6]
    • 7月1日 - 大宮中川店で家庭から出る使用済み天ぷら油の回収を開始[7]
  • 2011年(平成23年)
    • 1月10日 - 宅配商品の受け取り場所「原市団地ステーション」を開設[8]
    • 10月 - さいたまコープで「夕食宅配」事業を開始[5]
  • 2012年(平成24年)2月 - 二ッ宮店が小売店初エコマークの認証を取得[9]

店舗一覧[編集]

  • 50店舗(コープ店舗24、ミニコープ店舗26)

過去に存在した店舗[編集]

  • 旧・二ツ宮店 - 440坪の新店として増床移転し[10]、2011年(平成23年)4月26日に新・二ツ宮店を開店[11]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『生協名鑑 1995年版 日本生協連会員紹介』 コープ出版、1994年12月。ISBN 978-4873320540
  2. ^ “「コープみらい」「生協ユーコープ」誕生 新たな未来へ前進する生協”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2013年4月5日)
  3. ^ 伊藤哲朗 (2013年3月25日). “動き出す2大生協 新分野に挑戦するコープみらい V字回復狙うユーコープ”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社)
  4. ^ a b “コープネットの3生協合併=首都圏に供給3500億の新生協 "存在感"ある生協に”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2012年12月5日)
  5. ^ a b c d e f g h i 『第21回通常総会資料 生活協同組合連合会コープネット事業連合 20年のあゆみ 2012年7月12日版』 コープネット、2012年7月12日。
  6. ^ “さいたまコープ・武蔵浦和店=「ネットスーパー」試験運用 当日・翌日の各4便で配達”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2010年4月5日)
  7. ^ “さいたまコープ=家庭の使用済み油を回収 CO2ゼロ店舗の大宮中川店”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2010年6月20日)
  8. ^ “さいたまコープ=高齢化の進む団地内に宅配の受け取りステーション 商店街の空きスペース活用”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2011年1月20日)
  9. ^ “さいたまコープ=二ッ宮店が小売店初 エコマークの認証取得”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2012年2月20日)
  10. ^ “さいたまコープ・新・二ツ宮店=新店開発のモデル店 サラダ商品は集約”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2011年5月20日)
  11. ^ “さいたまコープ=東日本大震災 復興支援へ「大即売会」”. 生協流通新聞 (アド・バンクセンター). (2011年5月5日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]