瓢箪小僧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「瓢箪小僧」

瓢箪小僧(ひょうたんこぞう)とは、瓢箪が変化して生まれた日本妖怪である。付喪神の一種とされる[1]

頭部が瓢箪となった人のような姿で、鳥山石燕の「百器徒然袋」に乳鉢坊と共に描かれている(百器徒然袋#中を参照)。古来より日本では、瓢箪のように中が空洞になったものにはがこもりやすいといわれ、瓢箪を吊るすと病気にならない、庭に瓢箪を作ると変事が起きるなどの呪術的な俗信がある。そうしたものに悪い霊が瓢箪に取り憑いて妖怪となったものが、瓢箪小僧ともいう[2]

茂みの中から突然現れて、人を驚かせるとの説もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 志村有弘監修 『図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説』 青春出版社2008年、90頁。ISBN 978-4-413-00965-2
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、290頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 和漢百魅缶 ひょうたんこぞう(瓢箪小僧)”. クロヌシカガミ (2006年8月9日). 2009年2月14日閲覧。

関連項目[編集]