瑛九

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

瑛九(えいきゅう、1911年4月28日 - 1960年3月10日)は、日本画家版画家写真家前衛的な作品、抽象的な作品(抽象絵画)が多い。本名、杉田秀夫。Ei-Qとも自署した。

人物・来歴[編集]

宮崎県宮崎市出身。生家は宮崎市内で眼科医院を営んでいるが、極度の近視のため家業を継ぐことはできなかった。 日本美術学校卒業。

1936年フォトグラムの作品集『眠りの理由』を刊行。第二次世界大戦前では最もまとまった、しかも質の高いフォトグラム作品集で、瑛九のフォトグラムは特に「フォト・デッサン」とも呼ばれる。また、フォトモンタージュも得意とした。

第二次世界大戦後は、むしろ絵画版画(銅版画、リトグラフ)の制作に力を入れた。

泉茂早川良雄らとともに1951年デモクラート美術家協会を結成。自由美術家協会、創造美育協会などにも参加。オノサトトシノブと、深い親交を結ぶ。

エスペラントを学び、1948年には宮崎エスペラント会の機関誌のガリ切り、印刷にたずさわる[1]などの活動を行った。

高いところが苦手であったため、縦2.5m以上の大作「つばさ」を作成した際は頑丈な脚立を自作した[2]

コレクション等[編集]

宮崎県立美術館には瑛九のコレクションがあり、瑛九展示室で常時展示している[3]

2006年9月12日放送の開運!なんでも鑑定団において「田園」という題名の瑛九の絵が鑑定された時、5000万円の値がつけられた[2]

出典[編集]

  1. ^ 宮崎エスペラント会・沿革
  2. ^ a b 宮崎日日新聞2011年8月18日号12面
  3. ^ 宮崎県立美術館・美術館案内ツアー1階

関連項目[編集]

外部リンク[編集]