琴糸路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こと いとじ
琴 糸路
琴 糸路
本名 成田 貞子(なりた さだこ、出生名)
宮澤 貞子 (みやざわ さだこ、結婚後)
平井 貞子 (ひらい さだこ、再婚後)
生年月日 1911年11月5日
没年月日 1956年
出生地 東京市本郷区金助町
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇剣戟映画サイレント映画トーキー
活動期間 1928年 - 1944年
配偶者 平井与四郎

琴 糸路(こと いとじ、1911年11月5日 - 1956年)は、日本の映画女優である[1]。 出生名成田 貞子(なりた さだこ)、結婚後本名宮澤 貞子(みやざわ さだこ)、平井 貞子(ひらい さだこ)[1]河合映画設立第1作でデビューし、大都映画、そして合併後の大映でも、スター女優でありつづけた。

来歴・人物[編集]

1911年(明治44年)11月5日東京市本郷区金助町(現在の東京都文京区本郷3丁目)に成田啓二郎の次女として生まれる。幼少のころから日本舞踊を習い、父の郷里である秋田県北秋田郡鷹巣町(現在の北秋田市鷹巣)の旧家から旧制小学校に通ったが、11歳のときに東京に戻った日の翌日、1923年(大正12年)9月1日関東大震災に罹災した。まもなく家庭の事情から、浅草「花屋敷」(現在の花やしき)の舞台に出るようになる[2]

1928年(昭和3年)2月、河合プロダクション(当時。同年5月に河合映画製作社に改称)社長の河合徳三郎にスカウトされて、同社の設立に参加、北豊島郡三河島町町屋(現在の荒川区町屋4-5)の「町屋撮影所」[3]で製作された設立第1作、同年3月1日公開の『青春散歩』、翌週公開の第2作の『恋風に吹かれて』の両作に主演の里見明の相手役として出演、映画女優としてデビューした[2]

1929年(昭和4年)暮れ、5社競作となった吉川英治原作の『貝殻一平』(監督村越章二郎)で、河合では雲井竜之介の相手役に琴を起用、松竹下加茂若水絹子(監督井上金太郎)、東亜キネマ泉春子(監督後藤岱山)、帝国キネマ歌川八重子(監督渡辺新太郎)、遅れて翌年2月に公開された日活太秦酒井米子(監督清瀬英次郎岡田敬)ら、メジャー各社のトップ女優と競い合った。1930年(昭和5年)には、前年公開のヨーエ・マイ監督のドイツ映画『アスファルト』を翻案した時代劇、『あす晴れて』(監督高松操、脚本八尋不二)に松林清三郎の相手役として出演した。主演を重ねるようになり、松竹蒲田栗島すみ子、帝キネの歌川八重子とならぶ悲劇女優といわれるようになった[2]

1932年(昭和7年)に神奈川県大磯町坂田山で起きた「坂田山心中事件」を題材にした歌謡曲『天国に結ぶ恋』が大ヒット、同事件を題材にした『大磯心中 天国に結ぶ恋』を吉村操監督、琴糸路主演で河合は製作、松竹蒲田による五所平之助監督の『天国に結ぶ恋』と同日の6月10日に公開をぶつけた。翌1933年(昭和8年)に入っての吉村監督の『涙の渡り鳥』、小沢得二監督の『渚に唄ふ 島の娘』も同様、ヒット曲をテーマにした競作に琴は主演した。同年6月の河合の「大都映画」への発展的改称後も、ひきつづき同社でトップ女優でありつづけた[2]

1942年(昭和17年)1月、大都は戦時統合で「大日本映画製作」(大映)へと吸収合併、創立第1作のオールスター映画『維新の曲』(監督牛原虚彦)に出演したのを皮切りに、嵐寛寿郎片岡千恵蔵の相手役を演じ、B級映画会社だった大都映画出身としては破格の待遇を受けた。1943年(昭和18年)に伊賀山正徳監督の『海ゆかば』で水島道太郎の相手役を演じたのを最後に、翌1944年(昭和19年)春に32歳で退社、引退した[2]

その後は古物商の平井与四郎と結婚、京都に住んだが、第二次世界大戦後の1956年(昭和31年)に死去した[2]。推定44歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

維新の曲』(1942年)出演時、満30歳。
  • 浮気はその日の出来心』 : 監督吉村操、製作・配給大都映画、1933年11月8日公開‎ - 妻時子
  • さくら音頭』 : 監督根岸東一郎、製作・配給大都映画、1934年3月8日公開‎ - 主演
  • 地獄の争闘』 : 監督大江秀夫、製作・配給大都映画、1934年6月7日公開‎
  • 暁の浚渫船』 : 監督大江秀夫、製作・配給大都映画、1934年6月12日公開‎
  • 咆哮炸裂』 : 監督大江秀雄(大江秀夫)、製作・配給大都映画、1934年7月19日公開‎
  • 鮮血の掟』 : 監督大江秀夫、製作・配給大都映画、1934年9月27日公開‎
  • 俺は日本人だ』 : 監督大江秀夫、製作・配給大都映画、1934年10月25日公開‎
  • 乳姉妹』 : 監督吉村操、製作・配給大都映画、1936年3月19日公開 - 主演
  • 毒草』 : 監督吉村操、製作・配給大都映画、1937年2月8日公開 - 主演
  • 月魄』 : 監督吉村操、製作・配給大都映画、1938年5月5日公開‎ - 主演
  • 大空の遺書』 : 監督益田晴夫、製作・配給大都映画、1941年9月26日公開

[編集]

  1. ^ a b 琴糸路jlogos.com, エア、2013年3月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f キネマ旬報社[1980年], p.296-297.
  3. ^ 映画撮影所の町あらかわ、あらかわ物語、2008年1月11日閲覧。
  4. ^ 維新の曲東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年3月3日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]