理由 (1995年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
理由
Just Cause
監督 アーネ・グリムシャー
脚本 ジェブ・スチュアート
ピーター・ストーン
原作 ジョン・カッツェンバック
製作 アーネ・グリムシャー
スティーヴ・ペリー
リー・リッチ
製作総指揮 ショーン・コネリー
出演者 ショーン・コネリー
ローレンス・フィッシュバーン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ラホス・コルタイ
編集 ウィリアム・アンダーソン
アーメン・ミナシアン
製作会社 ファウンテンブリッジ・フィルムズ
ワーナー・ブラザーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年2月17日
日本の旗 1995年7月1日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $36,853,222[1]
テンプレートを表示

理由』(りゆう、原題:Just Cause)は、1995年アメリカ映画ジョン・カッツェンバックの小説(原題同じ)の映画化作品である。

ストーリー[編集]

フロリダで白人の子どもを強姦した容疑で黒人青年が死刑判決を受ける。集会で死刑賛成論者から「愛する娘だったら」と反論されるが、毅然と死刑反対を叫ぶ大学教授に青年の祖母が無実の罪を晴らしてくれと助けを求める。25年前に弁護士は辞めたと断るが、妻に説得される。刑務所で青年に会うとスコットランド出身で似たような境遇だからお願いしたといわれる。黒人警官から自供を強要されたというし、町の「名医」である検死官も、弁護士も、証人も確実性がなかったどころか警官たちから脅される。以前、白人女性の誘拐で裁判にかけられ、教授の妻が有罪にしようとしたが、できなかったことも判明。刑務所内の白人サリバンが事件の真相を語る。黒人警官の家に行き、被害者は娘の友だちで憎悪の強さが分かる。サリバンのいう通り、凶器のナイフが発見され、被害者の親宛ての手紙から青年は釈放。サリバンから親に会うように言われ、教授が家に行くと腐乱死体がある。サリバンは「我々」と言い残して電気椅子に。やがて「我々」の正体、事件の理由が分かってくる…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD TV
ポール・アームストロング ショーン・コネリー 瑳川哲朗 若山弦蔵
タニー・ブラウン ローレンス・フィッシュバーン 大塚明夫 石塚運昇
ローリー・アームストロング ケイト・キャプショー 塩田朋子 弥永和子
ボビー・アール ブレア・アンダーウッド 相沢正輝 山路和弘
ブレア・サリバン エド・ハリス 千田光男 大塚芳忠
T・J・ウィルコックス クリストファー・マーレイ 大塚芳忠 石井康嗣
エヴァンジェリン ルビー・ディー 片岡富枝 瀬畑奈津子
ケイト・アームストロング スカーレット・ヨハンソン 岡村明美 高橋千晶
ドロレス リズ・トーレス さとうあい 磯辺万沙子
刑務所所長 ダニエル・J・トラヴァンティ 宝亀克寿 小山武宏
マクネア弁護士 ネッド・ビーティ 天田益男 藤本譲
演出:福永莞爾、翻訳:島伸三、調整:荒井孝、効果:リレーション、担当:河村常平、高橋恭(東北新社)
プロデューサー:深澤幹彦、渡邊一仁、配給:ワーナー・ブラザーズ、製作:テレビ東京、東北新社、製作協力:武市プロダクション

脚注[編集]

  1. ^ Just Cause (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]