球状上顎嚢胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
球状上顎嚢胞
分類及び外部参照情報
ICD-10 K091
DiseasesDB 31673
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

球状上顎嚢胞(きゅうじょうじょうがくのほう)は上顎側切歯とその隣接歯である上顎犬歯の間にできる極めて稀な嚢胞[1]。1971年のWHO分類においては、非歯原性の発育嚢胞に分類されていたが[2]、この嚢胞の独立性を示す報告も少なく、1992年のWHO分類においては独立した名称として採用されず、「いわゆる球状上顎嚢胞」として報告されることも多い[3][4]

鑑別・診断[編集]

X線上では、上顎側切歯上顎犬歯の歯根の間に西洋梨状の透過像を認める[5]。病理組織では嚢胞壁が認められる[5]

鼻口蓋嚢胞と歯が既に失われ、巨大な残留嚢胞となった場合など、鼻口蓋嚢胞との鑑別が困難な場合も存在する[2]

起源[編集]

この発生学的起源は議論がなされている。

大部分は歯原性で、歯根嚢胞歯原性角化嚢胞側方性歯周嚢胞と同種のものと示されているとの説がある[1][6]

球状上顎嚢胞との名前の名前の基となった球状突起上顎突起の接合部に残存した上皮由来という説は[1]、発生学的には証明されておらず[3]、むしろ考えにくいとされる[7]

疫学[編集]

1921年にKlestadt[8]によって最初に報告されたのが最初である[9][10]

日本では1939年に高木圭二郎[11]により最初に報告されたのが最初であるが、その後の報告例は少ない[1][12][10][5][9][13][2][14][15][16][4][3]

治療法[編集]

摘出術が用いられる[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 森田展雄 「第8章 顎口腔の嚢胞 2.顎嚢胞 2.非歯原性嚢胞 3)球状上顎嚢胞」『口腔外科学』 編集 白砂兼光古郷幹彦医歯薬出版東京都文京区2010年3月10日、第3版第1刷、308頁。ISBN 978-4-263-45635-4
  2. ^ a b c 古川雅子小川透福士智之佐藤寿福井朗木村博人鈴木貢「顔裂性嚢胞の病態 (II) 特に球状上顎嚢胞と鼻口蓋嚢胞の臨床的鑑別診断について」、『みちのく歯学会雑誌』第23巻第1-2号、みちのく歯学会、1992年12月、 17-19頁、 ISSN 0385-0099
  3. ^ a b c 高坂久美子小野芳男両側性に発生した球状上顎嚢胞の1例 (PDF) 」 、『小児口腔外科』第16巻第2号、日本小児口腔外科学会東京都北区、2006年12月、 165-168頁、 ISSN 0917-5261NAID 100188267992011年10月8日閲覧。
  4. ^ a b 藤井茂仁細川洋一郎金子昌幸松嶋宏篤矢嶋 俊彦大内知之賀来亨高橋陽夫「11.放射線学的にいわゆる球状上顎嚢胞と診断された1例(東日本歯学会第22回学術大会 一般講演抄録)」、『東日本歯学雑誌』第23巻第1号、東日本歯学会、2004年6月、 129頁、 ISSN 0910-9722NAID 110004689207
  5. ^ a b c 山本悦秀佐藤建夫岸村真澄清水正嗣上野正鼻腔領域に進展した球状上顎嚢胞の2例 (PDF) 」 、『口腔病学会雑誌』第43巻第4号、口腔病学会1976年、 549-554頁、 doi:10.5357/koubyou.43.549ISSN 0300-9149NAID 400012017602011年10月9日閲覧。
  6. ^ Developmental defects of the oral and maxillofacial region. In Neville, B, et al. editors: Oral & Maxillofacial Pathology, 2nd Ed. Saunders 2002, page 27.
  7. ^ a b 下野正基野間弘康山根源之田中陽一井上孝 「VI章嚢胞 顎骨に発生する嚢胞 非歯原性腫瘍 いわゆる顔裂性嚢胞 2.球状上顎嚢胞」『口腔外科、病理診断アトラス』 下野正基野間弘康山根源之石川達也内田安信稗田豊治平沼謙二医歯薬出版〈アドバンスシリーズ1〉、東京都文京区1994年8月30日、第1版第2刷、112-113頁。ISBN 4-263-45161-9
  8. ^ Klestadt: EmbryologischeStudie znr Ginese der Gesichtspaltenzysten, zlschr. f. Ohrenheik 81:330, 1921.
  9. ^ a b 金田多恵子福田仁一迫田隅男久志助義岩井貞雄山田長敬球状上顎曩胞の1症例 (PDF) 」 、『日本口腔外科学会雑誌』第25巻第5号、日本口腔外科学会、1979年5月、 1112-1117頁、 ISSN 0021-5163NAID 400039656932011年10月8日閲覧。
  10. ^ a b 谷口幸治土井尚柴田寛一堀田一球状上顎嚢胞の1例 (PDF) 」 、『日本口腔科学会雑誌』第20巻第4号、日本口腔科学会、1971年10月、 856-859頁、 ISSN 0029-0297NAID 400182955782011年10月9日閲覧。
  11. ^ 高木圭二郎「顔面破裂嚢腫の一型球状上顎嚢腫と信ずべき稀有なる1例」、『大日本歯科医学会会誌』第36巻第4号、大日本歯科医学会1939年、 377頁。
  12. ^ 高橋謙一太田喜一郎球状上顎嚢胞の1例 (PDF) 」 、『日本口腔科学会雑誌』第1巻第4号、日本口腔科学会1952年、 299-302頁、 ISSN 0029-02972011年10月16日閲覧。
  13. ^ 笹倉裕一笹倉真理久米川一浩新藤潤一、「球状上顎嚢胞の2例 (PDF) 」 、『日本口腔外科学会雑誌』第32巻第1号、日本口腔外科学会、1986年1月、 81-86頁、 ISSN 0021-51632011年10月16日閲覧。
  14. ^ 鈴木徹鈴木浩之北川善政藤巻元橋本賢二谷口幸治両側性に発症した球状上顎嚢胞の1例 (PDF) 」 、『日本口腔外科学会雑誌』第39巻第4号、日本口腔外科学会1993年、 496-498頁、 ISSN 0021-51632011年10月16日閲覧。
  15. ^ 増崎雅一村瀬博文富永恭弘平博彦麻生智義柴田敏之有末眞武藤壽孝金澤正昭中出修賀来亨石井英司9歳女児に発生した球状上顎嚢胞の一例および文献的考察 (PDF) 」 、『小児口腔外科』第2巻第1号、日本小児口腔外科学会東京都北区、1992年5月、 74-80頁、 ISSN 0917-52612011年10月16日閲覧。
  16. ^ 菊池康隆富谷義徳矢部武内田豊32巨大ないわゆる球状上顎嚢胞の一症例 (PDF) 」 、『口腔・咽頭科』第6巻第1号、日本口腔・咽頭科学会1993年、 58頁、 ISSN 0917-51052011年10月16日閲覧。