王継鵬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
康宗 王昶
第4代皇帝
王朝
在位期間 935年 - 939年
姓・諱 王継鵬→王昶
諡号 聖神英睿文明広武応道大弘孝皇帝
廟号 康宗
生年 不詳
没年 通文4年(939年
恵宗
劉華劉隠の次女)
皇后 李春燕
年号 通文 : 936年 - 939年

王 継鵬(おう けいほう)は、十国の第4代皇帝。廟号は康宗。恵宗王鏻の次男。

生涯[編集]

永和元年(935年)、皇城使の李倣と協力して恵宗を殺害し帝位を継承、王昶と改名し、李春燕を賢妃とした。翌年通文と改元、李春燕を皇后に封じている。李春燕は元は恵宗の宮女であったが、王継鵬と私通した後、恵宗より下賜された。

康宗も父と同様、道教に心酔した。政事については道士である陳守元との相談が行われ、また陳守仁のために大規模な造営を行う必要から売官が横行し、政事は大いに乱れた。また康宗は猜疑心が強く、宗室を次々と粛清し、叔父の王延羲は禍から逃れるため発狂したように装い、自宅に軟禁されたこともあった。

当時は王審知の近衛軍であった拱宸都控鶴都が存在していたが、康宗は自身の親軍である宸衛都を優遇したことから軍内に不満が発生、通文4年(939年)、拱宸・控鶴の軍使朱文進連重が王宮への放火を疑われたことに不満が爆発、先手を取るべく両軍は王宮内に侵入し康宗は囚われの身となった。囚われた康宗は李春燕及び諸子と共に弟の王継業により殺害された。