王妃マルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王妃マルゴ』(おうひマルゴ、: La Reine Margot)は、アレクサンドル・デュマ・ペールの歴史小説。

1845年に出版された16世紀フランスのサン・バルテルミの虐殺と、実在の王妃マルグリット・ド・ヴァロワ(マルゴ)の悲恋を絡めた歴史超大作。

あらすじ[編集]

映像化[編集]

いずれも原題は原作と同じく"La Reine Margot"