王冕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王 冕(おう べん、1310年 - 1359年)は中国代末期の画家・詩人・篆刻家。字は元章、号は煮石山農・会稽外史・梅花屋主など。諸曁(現在の浙江省)の出身。

科挙試験を受けたものの合格せず、その後印綬を帯びること(=官僚になること)をあきらめて全国を放浪し、絵を売りながら暮らしたといわれている。このためか、同じく科挙に落ちたの小説家・呉敬梓の政治諷刺小説『儒林外史』にも登場する。

元末を代表する画家で、殊に花鳥画の発展に大きく貢献した。梅の花を画題として好み、満開の梅を華麗に表現しきったその作風は、中国はおろか日本の南画家たちにも強い影響を与えた。

詩人としても活躍し、時の政治に対する不満を詠むなどしている。

また偶然「花乳石」という石を手に入れた際、柔らかく加工しやすいことに気づいて篆刻に使用したと伝えられ、石を用いた篆刻の嚆矢となったといわれている。なお、「花乳石」は青田石のことだといわれている。

晩年は会稽の九里山の麓に「梅花庵」という庵を結び、隠棲生活を送ったという。

作品・著作[編集]

  • 「墨梅図」(宮内庁三の丸尚蔵館所蔵)
  • 『竹斎詩集』

関連項目[編集]