王一亭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王一亭
Wang Yiting.jpg
Who's Who in China 4th ed. (1931)
プロフィール
出生: 1867年12月4日
同治6年11月13日)
死去: 1938年民国27年)11月13日
中華民国の旗 中華民国上海市
出身地: 清の旗 江蘇省松江府上海県浦東
職業: 実業家・書画家・銀行家・政治家
各種表記
繁体字 王一亭
簡体字 王一亭
拼音 Wáng Yìtíng
和名表記: おう いってい
発音転記: ワン イーティン
ラテン字 Wang I-t'ing
テンプレートを表示

王 一亭(おう いってい)は清末民初に活躍した実業家・書画家・銀行家・政治家である。上海を中心に活動した実業家・銀行家として著名である一方、中国同盟会にも参加した革命派の人物である。また、画家としても優れた業績を残し、仏教徒としての活動も顕著であった。だが、一亭で知られる。法名は覚器梅花館主海雲楼主白龍山人

事績[編集]

上海商業会での台頭と中国同盟会への参加[編集]

13歳の時に、上海の慎余銭荘で徒弟となり、業務の合間に広方言館で外国語を学んだ。その後、商業界で着実に地歩を固め、海運業務の商店・天余号で経理にまで昇進した。[1][2]

1906年光緒32年)に王一亭は上海予備立憲公会会董となり、翌年には、日清汽船上海支店でコンプラドール(買弁)となった。その後も日商大阪郵船のコンプラドール、さらには三井洋行が所有する上海製造絹糸社社長も務めている。このほかにも多方面に投資活動を行い、1909年宣統元年)に滬南商務総会総理に選出された。同年、上海商務総会議董、上海自治公所に任ぜられ、上海の地方自治事務に取り組んでいる。[1][3]

1910年(宣統2年)、王一亭は中国同盟会に加入し、同盟会上海分会機関財務科科長となる。さらに機関紙『民立報』の創刊を支援するなど同盟会への資金援助を展開した。武昌起義辛亥革命)が勃発すると、王も陳其美らの蜂起に参加し、さらに商団を革命派に付かせる工作に従事している。上海軍政府が成立すると、交通部部長や農業部部長を歴任した。[1][4]

民国成立後の活動[編集]

1912年民国1年)4月、王一亭は黄興らと南京で拓殖学校を創設した。翌年、第二革命(二次革命)で革命派が敗北すると、王はイギリス租界に逃れ、絵画に没頭している。1915年(民国4年)、中国商業儲蓄銀行董事として復帰し、1917年(民国6年)に同行董事長に昇進した。[1][4]

1925年(民国14年)夏、王一亭は、逝去した孫文(孫中山)を葬る中山陵の図案選定顧問を務めた。1927年(民国16年)冬、国民政府中央救災準備金保管委員会委員長となり、[5]さらに振務委員会常務委員などに任ぜられている。1932年(民国21年)1月には、国難会議に招聘された。1937年(民国26年)に第二次上海事変が勃発すると香港へ逃れたが、まもなく上海に戻っている。1938年(民国27年)11月13日、上海で死去。享年72(満70歳)。[1][4]

画家・仏教徒としての業績[編集]

学徒の時代から書画熱が高じ、この頃に任伯年に就いて絵を学ぶ。山水画呉鎮に師法した。人物画花鳥画仏画に優れ晩年にはほとんど毎日仏像を画いた。呉昌碩とは師友となって親しく交わった。また、上海昌明芸術専科学校校長にも任命されている。

1929年(民国18年)6月、王一亭は太虚大師と上海で中国仏教会を設立し、王も同会の執行委員兼常務委員に任ぜられた。以後も仏教学出版社の理事長、世界仏教居士林の副林長、林長を歴任している。売画によって得られた所得の大部分は慈善事業に寄付した。梓園を建てそこに広く名画を蒐集したが、後に散逸した。著書に『白龍山人詩稿』・『王一亭書画集』がある。

[編集]

  1. ^ a b c d e 徐主編(2007)、59頁。
  2. ^ 劉主編(2005)、112頁
  3. ^ 劉主編(2005)、112-113頁
  4. ^ a b c 劉主編(2005)、113頁
  5. ^ 徐主編(2007)、59頁による。劉主編(2005)、113頁によると、1935年2月に同職に任命された、としている。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』 団結出版社、2005年ISBN 7-80214-039-0