王ウ (高麗王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「王禑」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0212)が含まれています詳細

王禑(おう ウ、おう ぐ、朝鮮語왕 우1363年 - 1389年)は、第32代高麗王(在位:1374年 - 1388年)。姓は王、名は。前廃王、禑大王。初名は牟尼奴[1]恭愍王と侍婢・般若の子。恭愍王の後を継いで王位に就いたが、李成桂威化島回軍により廃位、殺害された。

高麗史』(1451年成立)では、王に仕えた寵臣辛旽の子であるとされ、辛旽の姓を以て辛禑と呼ばれているが、この記述は恭譲王から王位を禅譲された李成桂を正当な王位継承者とみなす李氏朝鮮時代の史観に由来するものと見られ、疑義も呈されている。

家族[編集]

  • 謹妃(慶尚南道 固城 鉄城府院君 李琳の娘):高麗史には記述なし
    • 昌王
  • 寧妃 (李成桂のライバルである崔瑩の娘)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高麗史卷44 世家44 恭愍王「乙巳賜牟尼奴名、封爲江寧府院大君。百官賀、命政堂文學白文寶・田祿生・大司成鄭樞等傅之。」(乙巳、牟尼奴にと名のるを賜ひ、封じて江寧府院大君と爲す。百官賀す、政堂文學白文寶・田祿生・大司成鄭樞等に命じてこれに傅たらしむ。)

参考文献[編集]

  • 高麗史卷135 列傳48 辛禑