玉海力剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉海力 剛
基本情報
本名 河辺 幸夫
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1966年7月16日(48歳)
出身地 東京都渋谷区
所属 チーム玉海力
身長 183cm
体重 100kg
スタイル 相撲
テンプレートを表示

玉海力 剛(たまかいりき つよし、1966年7月16日 - )は、日本の元大相撲力士、元総合格闘家、日本ビーチ相撲連盟指導者、実業家(株式会社玉海力代表取締役)。本名は河辺 幸夫(かわべ ゆきお)。東京都渋谷区出身。大相撲時代は身長183cm、体重144kg。片男波部屋所属。得意技は右四つ、上手投げ。最高位は前頭8枚目。叔父は将棋棋士で元棋聖・元王位森雞二

来歴[編集]

大相撲[編集]

父親から「力士になれ」と言われ、中学校2年生の時に墨田区立両国中学校に転校して片男波部屋に住み込んで生活をした。1982年3月場所に初土俵を踏み、1989年9月場所に新十両1991年秋場所に新入幕を果たした。「玉海力でなく“玉怪力”だ」と言われた怪力を活かして、右四つに組み左上手から構わず投げる相撲を得意としたが、十両までは力で通用したが幕内では厳しく定着できなかった。大相撲で初めてマウスピースを使用するなど、研究熱心であることでも知られている。

1993年5月場所の千秋楽の相撲で右手親指を骨折。1994年7月場所後に親方の反対を押し切って手術するが失敗。その後は体中が痺れて腕力も落ちて序二段まで降格し、1996年3月場所をもって引退した。本人は引退相撲を希望したが親方の反対[1]で断念し(断髪式は出来たが)、親方とはその件以来険悪な状態になった。

引退後は1996年に実家近くの渋谷区広尾に「どすこい酒場 ちゃんこ玉海力」をオープンし、現在は武蔵小山中国山東省にも支店を出している。酒豪としても知られた。

総合格闘技[編集]

PRIDEエメリヤーエンコ・ヒョードルの試合をテレビで見て、ヒョードルとの対戦を夢見てトレーニングを開始。吉田秀彦を師と仰ぎ吉田道場でトレーニングを積み、大相撲時代の144kgから100kg台に体重を絞り込んだ。

2004年5月23日、総合格闘技デビューとなるPRIDE 武士道 -其の参-小路晃と対戦し、1R18秒TKO負けを喫した。

2005年5月にはパンクラスに入団、大飛翔誠志らとチーム玉海力を結成した[2]

2005年7月10日、パンクラスで河野真幸と対戦し、チキンウィングアームロックを極められ、レフェリーストップ負けとなった。ギブアップしなかったため、脱臼骨折した。試合の3日前には網膜剥離していた[3]

2006年5月2日、パンクラスヘビー級王者決定トーナメント・リザーバー戦で三浦康彰と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け[4]

エピソード[編集]

TBS系列のテレビ番組『情熱ワイド!ブロードキャスター』で蔵間龍也が出演していた「大相撲コーナー」において、幕内での舞の海との対戦が取り上げられた際、体勢がどんな状況になっても玉海力の顔の表情が少しも変化しないということから「能面力士」という呼称をされたことがある。

主な成績[編集]

大相撲[編集]

  • 通算成績:408勝413敗23休(85場所)
  • 幕内成績:43勝75敗2休 勝率.364(8場所)
  • 各段優勝:三段目1回(1985年9月場所)、序二段1回(1983年5月場所)

場所別成績[編集]

玉海力 剛
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1982年
(昭和57年)
x (前相撲) 西 序ノ口 #16
5–2
 
東 序二段 #111
3–4
 
東 序二段 #126
4–3
 
東 序二段 #96
4–3
 
1983年
(昭和58年)
西 序二段 #72
1–6
 
西 序二段 #107
6–1
 
西 序二段 #39
優勝
7–0
東 三段目 #39
4–3
 
西 三段目 #23
4–3
 
西 三段目 #12
4–3
 
1984年
(昭和59年)
西 幕下 #58
3–4
 
西 三段目 #17
4–3
 
西 三段目 #3
4–3
 
東 幕下 #46
5–2
 
東 幕下 #25
3–4
 
東 幕下 #37
4–3
 
1985年
(昭和60年)
東 幕下 #25
2–5
 
東 幕下 #47
1–6
 
西 三段目 #18
2–5
 
西 三段目 #47
3–4
 
西 三段目 #62
優勝
7–0
東 幕下 #55
5–2
 
1986年
(昭和61年)
東 幕下 #34
4–3
 
東 幕下 #23
2–5
 
東 幕下 #45
3–4
 
東 三段目 #1
5–2
 
西 幕下 #33
5–2
 
東 幕下 #18
3–4
 
1987年
(昭和62年)
東 幕下 #29
6–1
 
西 幕下 #12
5–2
 
西 幕下 #5
1–6
 
東 幕下 #26
3–4
 
西 幕下 #33
5–2
 
西 幕下 #19
2–5
 
1988年
(昭和63年)
西 幕下 #38
2–5
 
西 幕下 #60
3–4
 
東 三段目 #13
5–2
 
西 幕下 #52
5–2
 
東 幕下 #31
3–4
 
西 幕下 #42
6–1
 
1989年
(平成元年)
東 幕下 #20
5–2
 
西 幕下 #10
5–2
 
東 幕下 #2
4–3
 
東 幕下 #1
5–2
 
東 十両 #12
7–8
 
東 幕下 #1
4–3
 
1990年
(平成2年)
西 十両 #13
8–7
 
東 十両 #9
8–7
 
西 十両 #4
6–9
 
西 十両 #9
8–7
 
東 十両 #6
7–8
 
東 十両 #9
8–7
 
1991年
(平成3年)
西 十両 #5
7–8
 
東 十両 #7
7–8
 
西 十両 #9
9–6
 
東 十両 #4
9–6
 
西 前頭 #15
2–11–2
 
東 十両 #7
9–6
 
1992年
(平成4年)
東 十両 #5
9–6
 
東 十両 #1
9–6
 
東 前頭 #13
6–9
 
東 十両 #1
9–6
 
東 前頭 #14
9–6
 
東 前頭 #8
6–9
 
1993年
(平成5年)
西 前頭 #12
2–13
 
西 十両 #4
8–7
 
西 十両 #3
9–6
 
西 十両 #1
8–7
 
東 前頭 #16
8–7
 
西 前頭 #13
8–7
 
1994年
(平成6年)
西 前頭 #9
2–13
 
西 十両 #4
5–10
 
西 十両 #9
7–8
 
西 十両 #11
8–7
 
西 十両 #8
6–9
 
西 十両 #11
8–7
 
1995年
(平成7年)
西 十両 #10
2–13
 
西 幕下 #6
0–7
 
東 幕下 #41
休場
0–0–7
西 三段目 #21
2–5
 
西 三段目 #51
3–4
 
東 三段目 #70
3–4
 
1996年
(平成8年)
東 三段目 #88
休場
0–0–7
東 序二段 #48
引退
0–0–7
x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 十両・幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
3 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
3 1 2 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 三浦康彰 1R 1:43 腕ひしぎ十字固め パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ヘビー級王者決定トーナメント リザーバー戦】
2006年5月2日
× 河野真幸 1R 1:10 チキンウィングアームロック パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年7月10日
× 小路晃 1R 0:18 TKO(パウンド) PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日

改名歴[編集]

  • 玉桜 右左エ門(たまざくら うざえもん)1982年3月場所 - 1987年11月場所
  • 玉櫻 右左エ門(たまざくら - )1988年1月場所
  • 玉海力 剛(たまかいりき つよし)1988年3月場所 - 1996年3月場所

著書[編集]

  • 『熱い心で 力相撲と愛情ちゃんこ』 2000年11月、ASIN 4835512804

テレビドラマ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 片男波からは「絶対に赤字になる。お金は大事にしなさい」と、反対する理由を説明されたという。
  2. ^ “チーム玉海力”パンクラスに入団! パンクラス公式サイト 2005年5月14日
  3. ^ Sports Graphic Number 703号 2008年5月22日
  4. ^ [パンクラス] 5.2 後楽園:石毛&ポアイ、タイトル王手 BoutReview 2006年5月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「玉海力剛」は、相撲に関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPJ相撲)。