玉浦の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉浦の戦い
戦争文禄の役
年月日文禄元年(1592年5月7日8日
場所巨済島玉浦
結果:朝鮮水軍の勝利
交戦勢力
日本軍 朝鮮軍
指揮官
藤堂勢Japanese crest Tuta.svg
堀内勢Goshichi no kiri.svg
李舜臣
李億祺
元均
戦力
5月7日
昼戦:50隻[1]
夜戦:5隻
5月8日13隻
91隻
損害
5月7日
昼戦:11隻
夜戦:4隻
5月8日11隻
なし
文禄・慶長の役

玉浦の戦い(ぎょくほのたたかい、朝鮮読みで玉浦はオクポ)は、文禄の役における海戦の一つ。 文禄元年(1592年)5月7日に、朝鮮の巨済島玉浦において、李舜臣李億祺元均らの率いる朝鮮水軍が日本の輸送船団を撃破した戦い。

戦闘経過[編集]

朝鮮水軍の全羅道左水使李舜臣は地元漁船と偵察船の情報網により、日本軍の動きの情報を得ていた。1592年5月5日(陰暦)の早朝、李舜臣と全羅道右水使李億祺板屋船24隻、小さな軍船15隻、および小舟(漁船など)46隻を率いて、日没までには慶尚道の水域に入った。

明けて6日、全羅道水軍は慶尚道右水使元均の艦隊との会合地点に向かい、7日になって元均の艦隊と会合し、合わせて91隻の艦隊となり、巨済島を迂回して加徳島を目指したが、偵察船が巨済島の玉浦港に50隻の日本船を発見、朝鮮軍は碇泊中の日本船団に対し砲撃を加えた。不意を打たれた日本船団は各個逃走を始めた。これを受けて朝鮮水軍は日本船を取り囲み、包囲砲撃により沈めた。夜に入って、朝鮮水軍は更に5隻の日本船を発見し、この内の4隻を破壊した。

翌日8日、情報を受けて朝鮮水軍は赤珍浦にいる日本船13隻に接近した。前日の玉浦での勝利と同様に、朝鮮水軍は日本船11隻を破壊して、朝鮮水軍は1隻も失うことなく玉浦の戦いを終えた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 停泊中の船を含む