玉流館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉流館
Ongryu Restaurant in Pyongyang.jpg
玉流館
各種表記
ハングル 옥류관
漢字 玉流館
発音 オンニュグァン/オンリュグァン
日本語読み: ぎょくりゅうかん
テンプレートを表示

玉流館(ぎょくりゅうかん)は、北朝鮮平壌市中区域にあるレストランである。特に平壌冷麺で知られる。同国を代表する規模と格式を持つ店とされている。

概要[編集]

1960年8月創業。本店は中区域にあり、大同江に架かる玉流橋の傍らに位置する。建物は伝統建築の様式を取り入れた二階建てで、二階には特別室が設けられている。

2000年に金大中が北朝鮮を訪問した際にこの店で冷麺を食するなど、国内外の要人が訪れる迎賓施設の性格を持つ。金大中が南北融和のシンボルとして玉流館支店の韓国出店を打診したりするなど、政治・外交の場にしばしばその名が登場する。

また、海外から訪れるツアー観光の定番の立ち寄り先であり、外国人観光客は特別室で食事を供される。金剛山観光特区には、平壌玉流館の支店に位置づけられる店がある。

関連項目[編集]

座標: 北緯39度01分43.27秒 東経125度45分30.85秒 / 北緯39.0286861度 東経125.7585694度 / 39.0286861; 125.7585694