玉川駅 (大阪府)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玉川駅
玉川駅 2番出口
玉川駅 2番出口
たまがわ - Tamagawa
S11 野田阪神 (0.6km)
(1.3km) 阿波座 S13
所在地 大阪市福島区吉野三丁目1-5
駅番号  S12 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 千日前線
キロ程 0.6km(野田阪神起点)
駅構造 地下駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
4,753人/日(降車客含まず)
-2014年-
乗降人員
-統計年度-
9,460人/日
-2014年-
開業年月日 1969年(昭和44年)4月16日
乗換 大阪環状線野田駅

玉川駅(たまがわえき)は、大阪市福島区吉野三丁目にある大阪市営地下鉄千日前線駅番号S12

接続する鉄道路線[編集]

阪神電気鉄道にも野田駅があるが、千日前線とは次駅の野田阪神駅で連絡している。

地下鉄の車内自動放送では、「JR環状線は乗り換えです」と、線名も添えて案内される。JRとなって以降永らく「JR線」で案内されていたが、後に現在のように改められた。隣の野田阪神駅がJR東西線と接続しているからである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。改札口は両ホーム北寄りでホームと同一フロアに1ヶ所ずつ、また南寄り(ホーム階より上層)に1ヶ所、合計3ヶ所ある。ホーム北寄りには互いのホームを結ぶ連絡通路がある。

当駅は難波管区駅に所属し、野田阪神駅が管轄している。

PiTaPaスルッとKANSAI対応各種カードの利用が可能である(相互利用が可能なIC乗車券PiTaPaの項を参照)。

のりば[編集]

玉川駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 千日前線 なんば鶴橋南巽方面
2 千日前線 野田阪神行き

利用状況[編集]

2014年11月11日に実施された交通調査によると、乗車人員は4,753人、降車人員は4,707人で、両者を合わせた乗降人員は9,460人であった[1]

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 乗車人員(人/日) 降車人員(人/日) 乗降人員(人/日)
1998年(平成10年) 5,015 4,417 9,432
2007年(平成19年) 4,924 4,723 9,647
2008年(平成20年) 4,957 4,791 9,748
2009年(平成21年) 4,576 4,386 8,962
2010年(平成22年) 4,421 4,297 8,718
2011年(平成23年) 4,508 4,357 8,865
2012年(平成24年) 4,634 4,528 9,162
2013年(平成25年) 4,484 4,440 8,924
2014年(平成26年) 4,753 4,707 9,460

駅周辺[編集]

バス[編集]

最寄り停留所は、玉川四丁目交差点付近にある地下鉄玉川である。以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局により運行されている。

歴史[編集]

  • 1969年(昭和44年)4月16日 - 5号線(現在の千日前線)の野田阪神 - 桜川間開通と同時に開業。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
千日前線
野田阪神駅 (S11) - 玉川駅 (S12) - 阿波座駅 (S13)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 路線別駅別乗降人員 2012年11月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]