獅子の分け前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

獅子の分け前」(ししのわけまえ)はイソップ寓話の一つ。

あらすじ[編集]

ライオン(獅子)ロバキツネが狩りに出かけた。たくさん獲物が取れたので分配することになり、ロバが3匹に平等に分けたところ、ライオンはこれに怒ってロバを食べてしまった。

そしてキツネに再度分配を命じた。キツネは心得て、大部分をライオンのものとして、自分はわずかな物を取っただけだった。今度は満足したライオンが、なぜこのように分けたのかと聞くと、キツネは答えた。「ロバの運命が、私にこの分けかたを教えてくれました。」

教訓[編集]

身近な者の不運や災難は、人に分別(或いは処世の知恵)を与える。

またこの話は、強い者、権力のある者が利益を独り占めするという、古今東西不変の真理の表現でもある。英語の熟語Lion's Shareの語源。

関連項目[編集]