猫空ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
猫空ロープウェイ
動物園駅
動物園駅
路線総延長 4.03 km
猫空ロープウェイ
各種表記
繁体字 貓空空中纜車
拼音 Māokōng Kōngzhōng Lănchē
通用拼音 Maokong Kongjhong Lănche
注音符号 ㄇㄠ ㄍㄨˇ ㄎㄨㄥ ㄓㄨㄥ ㄌㄢˇ ㄔㄜ
発音: マオコン コンヂョン ランチャー
台湾語拼音 Niau khong Khong tiong Lám Chhia
英文 Maokong Gondola
テンプレートを表示

猫空ロープウェイ(マオコン-)は台湾台北市文山区にある動物園駅猫空駅を結ぶ台北捷運公司が運営するロープウェイ交通システム。

台北市文山区台北市立動物園西側から台湾茶の産地として知られる猫空中国語版地区までの全長 4.03 km に、4旅客駅が設けられている。2007年7月4日に供用開始となった台北市初の観光ロープウェイであると同時に、公共交通機関として開業した台湾最初のロープウェイでもある。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):4.03 km
  • 方式:二線自動循環式
  • 駅数:4駅(旅客駅、起終点駅含む)
  • 高低差:約 300 m


概要[編集]

纜車と国道3号木柵IC(転角2駅付近)

猫空ロープウェイはフランスポーマ社英語版の単線自動循環方式を採用している。現在ケーブルカーゴンドラは147台(内3台は予備)を保有しており転角2駅及び猫空駅に各70台の車両収納設備を有している。ゴンドラ1台の定員は6から8人。最高2,400人の輸送量。最高運転速度は6m/秒。沿線住民への騒音問題を考慮して現在は 5 m/秒 で運行され、全行程所要時間は約17分である。

この路線の特徴としては世界的にも珍しい2箇所の急角度箇所(1ヶ所が10度、もう1ヶ所が80.3度)が設置されており、それぞれ「方向転換駅」(轉角站)と称される方向転換のための駅設備を有している。

営業初日に利用者よりゴンドラ内温度が高すぎるという意見が出され、運行する台北捷運公司は将来太陽発電パネル及び空調設備を追加する計画を発表している。車内の温度が高温になることを考慮し、台北捷運内では禁止されている飲料水の飲用は禁止されていない[1]

開業以来故障が多発のため、2007年7月30日より祝休日除く月曜日は運休中である。2008年9月末の台風で、16番目の支柱にある路盤は深刻な被害を受けたため、2008年10月1日から長期運休した。

2010年3月30日、修復工事が完了営業を再開した[2]

駅一覧[編集]

路線図
駅名 駅間
キロ
累計
キロ
接続路線・備考 所在地
日本語 繁体字中国語 英語
動物園駅 動物園站 Taipei Zoo Station 0.0 0.0 接続路線 文山線
接続路線 環状線(計画中)
台北市
文山区
(方向転換駅1) 轉角站1        
動物園内駅 動物園內站 Taipei Zoo South Station 1.33 1.33  
(方向転換駅2) 轉角站2        
指南宮駅 指南宮站 Zhinan Temple Station 1.63 2.93  
猫空駅 貓空站 Maokong Station 1.10 4.03  

※方向転換駅では旅客業務を取り扱っていない。

接続路線[編集]

延伸計画[編集]

現在運行しているのは動物園駅 - 猫空駅区間。下記の2区間延長の計画もあるが、工事着工日は未定である。

  • 福徳坑環保公園 - 動物園
  • 猫空 - 樟山寺 - 恒光橋

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『中国広播新聞網』 2007年7月4日
  2. ^ http://www.taipeinavi.com/miru/127/ 台北ナビ 猫空ロープウェイ

外部リンク[編集]