猪子寿之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いのこ としゆき
猪子 寿之
生誕 1977年4月15日
日本の旗 日本 徳島県
出身校 東京大学工学部応用物理・計数工学科卒
職業 チームラボ株式会社代表取締役
公式サイト
http://www.team-lab.com/

猪子 寿之(いのこ としゆき、1977年4月15日 - )は、ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表。1977年、徳島市出身。2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。大学では確率・統計モデルを、大学院では自然言語処理アートを研究。

来歴[編集]

  • 1977年徳島県生まれ。1996年3月に徳島県立城東高等学校卒業後、東京大学教養学部理科1類に入学。教養学部時代に1年間、アメリカに留学。帰国後、工学部応用物理・計数工学科に進学。計数工学科の同級生と共同でチームラボを立ち上げる。2001年3月、東京大学工学部応用物理・計数工学科卒業。チームラボを会社組織とし、代表取締役に就任。
チームラボ設立[編集]
  • 1998年、「友達とずっと一緒にいたかった」「傍から見苦しく見えても、青春を終わらせたくなかった」「インターネットの誕生に衝撃を受けた」などの考えから[1]、東大の同級生であった青木俊介、東工大に通っていた幼馴染の吉村譲ら5名と共にチームラボを設立。この頃の仕事は、企業のホームページの製作請負が中心であった。
  • 2000年12月に会社組織となり、有限会社チームラボ設立。その後も猪子は東京大学工学部と全国の高等専門学校の優秀なエンジニアの勧誘を続け、堺大輔など東大生が数多く参加するようになった。これにより、セレクトウェアなど独自技術の製品開発も手がけた。2002年8月、チームラボ株式会社に組織変更。
WEB開発での実績[編集]
  • 2006年、検索エンジン「サグール」を開発。既にgoogleの絶対優位が確立し、検索エンジンの開発会社は日本から消えていたが、「情報社会のエンジンになるものを作れない国はヤバイ[2]」と、独自の検索エンジンを模索した。
  • さらに同年、産経新聞のニュース・ブログポータルサイト「iza!」を開発。それまでの新聞の形に異を唱え、情報化社会における新聞と読者の関係を見直した。関係者の不安をよそに、このサイトは全国紙トップの人気サイトとなり、産経デジタル社の当時の社長であった阿部雅美は、2006年の「Web人 of the year」に輝いた[3]

なお、これらの実績が評価され、2008年には猪子自身も第6回Webクリエーション・アウォードにてWeb人賞を受賞している[4]

情報社会におけるソリューション事業[編集]
  • その後も、「多くの産業、もしくは企業は、生み出す製品やサービス、そして存在自体が、“人がアート的だと感じるようなもの”でないと生き残れない社会になっていく」と公言し[5]、さまざまなスペシャリストが集うチームラボにて、WEBに留まらず様々な製品、サービスを作り続けている。

詳しくはチームラボを参照

  • 2012年には、欧州最大のバーチャルリアリティ博覧会「Laval Virtual 2012」にて、書家紫舟とチームラボのコラボレーション作品「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」が、「建築・芸術・文化賞」賞を受賞。同年、台湾で最も権威のある国立美術館にて、外国の企業では初となる個展を開くなどの実績を残す。チームラボが海外にも活躍の場を広げると共に、2012年9月29日には、自らも台湾・台北市で行われた「TEDxTaipei」にて講演を行った[6]

共著[編集]

人物[編集]

  • メディアやイベント、講演会への露出も多い。2010年2月26日には、テレビ朝日朝まで生テレビ!」にパネラーとして出演し、2011年後半からは、毎日放送情熱大陸」のため、密着取材を受けた(2012年7月15日O.A.)[7]
  • 日本漫画ゲームが好きで、「目的そのものよりも、そこに至るまでの行為そのものが楽しい」というチームラボのコンセプト(『New Value in Behavior』と名付けている)を、大ヒットゲーム「スーパーマリオブラザーズ」から発見する[8]など、それらの趣味を仕事にも活かしている。
  • 2012年11月5日放送の「ビートたけしのTVタックル」ほか多くのメディアで、「コミュニケーション能力の高い学生よりは、専門性の高い学生が欲しい」と発言している[9]
  • しばしばチームラボを漫画「ONE PIECE」の麦わらの一味に例え、スタッフ全員が生き残るために互いに無い部分を補い合うという意味で「チーム」と冠している、と語っている[10]

出典[編集]

  1. ^ “チームラボ 猪子寿之 さんにインタビュー!”、ミキ★レポ(2012年5月11日)
  2. ^ “「その男、凶暴につき」!“ヤバイ日本”建設大綱[上”1頁]、東洋経済オンライン(2010年04月16日)
  3. ^ “「その男、凶暴につき」!“ヤバイ日本”建設大綱[上”2頁]、東洋経済オンライン(2010年04月16日)
  4. ^ 第6回受賞者:Webクリエーション・アウォード
  5. ^ “うちの会社は資本主義じゃない!──猪子寿之(チームラボ代表)”、GQ JAPAN(2012年6月15日)
  6. ^ “THE FUTURE IS NOW”、TEDxTaipei 2012
  7. ^ “天才?変人?「新時代の旗手」と注目を集める超電脳系クリエイター。この男を知れば未来が見えるかも・・”、MBS「情熱大陸」(2012年07月15日)
  8. ^ “[CEDEC 2011]日本人は,遠近法で風景を見ていなかった。9月8日の基調講演「情報化社会,インターネット,デジタルアート,日本文化」をレポート”、4Gamer.net
  9. ^ “チームラボの仕事術 / 猪子寿之のお悩み相談”、CINRA
  10. ^ “対談:小飼弾×猪子寿之① ニッポンの”change”はエンジニア出身のボスがもたらす ”、エンジニアtype(2011年4月1日)

関連項目[編集]