独立20周年スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
独立20周年スタジアム
施設情報
所在地 タジキスタンの旗 ホジェンド, レーニン通
位置 北緯40度17分32秒 東経69度36分51秒 / 北緯40.292105度 東経69.614201度 / 40.292105; 69.614201座標: 北緯40度17分32秒 東経69度36分51秒 / 北緯40.292105度 東経69.614201度 / 40.292105; 69.614201
開場 2009年
所有者 タジキスタン政府
運用者 タジキスタン政府
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
FKホジェンド (タジク・リーグ)
サッカータジキスタン代表
収容能力
25,000

独立20周年スタジアム(タジク語: Stadion 20-letie Nezavisimosti: 20 Years of Independence Stadium)は、タジキスタンの都市ホジェンドにある多目的スタジアムである。

概要[編集]

タジキスタン独立20周年に当たる2011年に向けて建設されたスタジアム。2009年に開場した。収容人数は25,000人[1]。主にサッカーの試合に用いられ、タジク・リーグに所属しているFKホジェンドがホームスタジアムとして使用している。また、サッカータジキスタン代表がホームスタジアムとして利用することもある。隣には、5面の屋内テニスコートや国際試合を開催できる屋内水泳施設が隣接している。

2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選グループCにおいて、2012年2月29日に北朝鮮代表との試合が開催されている。

交通アクセス[編集]

タジキスタン鉄道のホジェンド駅よりタクシーで約5分。

脚注[編集]

外部リンク[編集]