独立民主セルビア人党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 クロアチアの政党
独立民主セルビア人党

Samostalna demokratska srpska stranka
Самостална демократска српска странка
党首 Vojislav Stanimirović
副党首 Milorad Pupovac
創立 1997年 (1997)
本部 ヴコヴァル
政治的思想 Serb minority politics
社会自由主義
社会民主主義
反ファシズム
国際連携 なし
欧州連携 なし
欧州議会会派 社会民主進歩同盟[1]
公式カラー Blue、red、white(セルビアの旗の色)
国会
3 / 151
公式サイト
http://www.sdss.hr
クロアチアの政治
政党一覧
選挙

独立民主セルビア人党(どくりつみんしゅセルビアじんとう、クロアチア語:Samostalna demokratska srpska stranka; SDSS; セルビア語:Самостална демократска српска странка; СДСС)は、クロアチアに住むセルビア人を主体とする社会民主主義政党。

歴史[編集]

独立民主セルビア人党は1997年に、リベラル社会民主主義政党として、かつてのユーゴスラビア王国スヴェトザル・プリビチェヴィッチSvetozar Pribićević)による独立民主党のドクトリンに基づくものとして結成された。

党を率いるのはヴォイスラヴ・スタニミロヴィッチVojislav Stanimirović)であり、1995年嵐作戦によってクロアチア領から脱出したセルビア人のクロアチアへの帰還を促進することを目指している。嵐作戦は、クロアチア共和国軍および警察による軍事作戦であり、クロアチア領内で一方的に独立を宣言しクロアチア政府の統制が及んでいなかったクライナ・セルビア人共和国の主要部分がこの作戦によって制圧され、国際的に承認された国境の管理を含むクロアチア政府の統治が導入された。この時、クライナ・セルビア人共和国に住んでいたセルビア人のほぼすべてに相当する約25万人がクロアチア領から脱出し、難民となって隣接するボスニア・ヘルツェゴビナセルビア人勢力支配地域やさらに離れたセルビア共和国に移った。

2003年の選挙では、独立民主セルビア人党は、競合するクロアチアのセルビア人政党・セルビア人民党(SNS)に対して勝利をおさめ、クロアチア議会でセルビア人に割当てられた議席をすべて獲得した。

選挙の後、独立民主セルビア人党は、イーヴォ・サナデル率いるクロアチア民主同盟と連立することを決め、独立民主セルビア人党が求めていたセルビア人難民の帰還、民族間の平等の推進、法制度の改革、周辺諸国との協調について合意した。

党の自認[編集]

独立民主セルビア人党は、リベラル、社会民主主義を志向する民主的な政党であるが、現状をかんがみ、セルビア人政党としての性質も有する。

党の目標は以下の通りである:

  1. 難民、とくにセルビア人の帰還の促進、戦争被害にあった地域の復興の完了
  2. 国有住宅の購入期限であったクロアチア領沿ドナウ地域がクロアチアに再統合された時点よりも前に制定された法の下での、国有住宅を買う権利の確保
  3. 国家の少数民族、特にセルビア人が持つ民族的権利の保障と国家による保護
  4. セルビア語とセルビア語の文章の使用、セルビア人の民族的象徴の使用、セルビア語での教育、教育・文化面でのセルビア人組織の設立、セルビア人の情報メディア、セルビア人の伝統・慣習の維持を通じての、セルビア人の文化的・教育的自治
  5. 軍隊の専門職化
  6. 地方主義と分権化
  7. クロアチアの欧州連合への統合とセルビアおよびモンテネグロとの経済関係の促進

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]