狩野紀昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
狩野 紀昭
人物情報
生誕 日本の旗 日本 東京府
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学
学問
研究機関 東京理科大学電気通信大学
主な業績 狩野モデル
主な受賞歴 デミング賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

狩野 紀昭 (かのう のりあき、1940年 - )は、日本の教育者、著述家、 コンサルタント(品質管理分野)である。東京理科大学名誉教授。

顧客にとっての品質を左右する、製品に「不可欠な」(当たり前)要素と「他の製品と差別化する」(魅力的)要素とを峻別したシンプルなランキングによる顧客満足モデル(「狩野モデル英語版」として知られる)を開発した[1]

2010年度にはローマ大学の客員教授を務めた [2]

品質管理への貢献[編集]

1970年代後半から1980年代前半に、狩野とその門下生は、顧客満足モデルについての新たなアプローチの基礎を築いた。狩野は、企業の製品やサービスのあらゆる要素を改善することが顧客満足度の向上につながるという従来の通説に異を唱えた。顧客の目には製品やサービスの要素すべてが等しく映っておらず、ある要素は他と比べてより高い顧客ロイヤリティ英語版を創出できると狩野は主張した。

狩野のよく知られた論文に『Guide to TQM in Service Industries』(1996年)がある。

経歴および賞歴[編集]

狩野は東京大学工学部で学士、修士および博士号を取得した。1970年電気通信大学講師に就任、同大学で助教授となる。1982年より東京理科大学教授[3]。2006年に東京理科大学を定年退官し、名誉教授となる[4]

1997年、日本科学技術連盟によるデミング賞本賞を受賞 [5]。同年、米国統計協会によるデミング学術賞(Deming Lecturer Award)を、論文「Business Strategies for the 21st Century and Attractive Quality Creation」によって受賞している[6]

2000年から2002年まで、日本品質管理学会(JSQC)の会長を務めた[7]

狩野は米国品質管理協会(ASQ。en)のフェローに選出された。ASQから以下の2つの表彰を受けている。

  • E. Jack Lancaster Medal (2002年度)[8]
  • E. L. Grant Medal (2007年度)[9][10]

2008年より、小松製作所(コマツ)の社外取締役に就任している[7]

著作[編集]

  • Kano, Noriaki (ed.) (1996). Guide to TQM in Service Industries. Tokyo: Asian Productivity Organization. ISBN 978-92-833-1130-0. 

脚注[編集]

  1. ^ 狩野, 紀昭; 瀬楽信彦、高橋文夫、辻新一 (April 1984). “魅力的品質と当たり前品質” (Japanese). 日本品質管理学会会報『品質』 14 (2): 39–48. ISSN 0386-8230. http://ci.nii.ac.jp/Detail/detail.do?LOCALID=ART0003570680&lang=en. 
  2. ^ Noriaki Kano, Visiting Professor”. 2013年8月20日閲覧。
  3. ^ 狩野紀昭 - Read & Reserchship
  4. ^ 2先生に名誉教授称号 - 東京理科大学報第163号(2006年10月30日)
  5. ^ Deming Prize for Individuals”. The W. Edwards Deming Institute. 2009年4月17日閲覧。
  6. ^ Deming Lecturer Award”. American Statistical Association. 2009年4月17日閲覧。
  7. ^ a b 講演者紹介 - 日本科学技術連盟(ソフトウェア品質シンポジウム2012)
  8. ^ E. Jack Lancaster Medalists”. American Society for Quality. 2009年4月17日閲覧。
  9. ^ ASQ Awards Nine Medals of Distinction”. ASQ Press Releases. American Society for Quality (2007年4月6日). 2009年4月17日閲覧。
  10. ^ E.L. Grant Medalists”. American Society for Quality. 2009年4月17日閲覧。