狗不理包子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狗不理包子(コウプリパオズ、拼音: gǒubùlǐ bāozi)は、中国天津市にある、中国を代表する包子専門の中華老字号 (zh) の老舗である。

概要[編集]

1858年に創立された、中国で最も歴史の古いブランドのひとつである。

「狗不理」とは「犬もかまわない」という意味。食品を扱う店名としては「犬も食わない」という意味に解釈される。この変わった名前の由来に関してはいくつかの説があるが、最も一般的なものは、幼少時に不運から守るため「狗子」と呼ばれていた創設者の高貴友が、包子作り・売りに精を出し、それ以外の事に一切構わなかった(不理)ことに由来するという説である。

ある役人が天津から持ち帰った狗不理包子を西太后が食べ、美味であると賞めたために、名声が一気に広まったとされる。

狗不理ブランドは天津狗不理集団有限公司が所有していたが、2005年に中国の製薬会社同仁堂Tong Ren Tang)に売却された。

天津の狗不理集団は2006年07月21日明らかにしたところによると、日本で12年前に「狗不理」の商標を登録していたダイエーは、すでに同商標を自ら放棄しており、狗不理側は日本で同商標の新規登録手続きを完了している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]