犬養道子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

犬養 道子(いぬかい みちこ、1921年4月20日 - )は、日本評論家。元首相・犬養毅の孫。カトリック教会信徒。

来歴・人物[編集]

現在の東京都新宿区四谷犬養健・仲子夫妻の長女として生まれた。父・健は犬養毅の嗣子で親子2代の政治家であり、母方の曾祖父が長与専斎後藤象二郎である。母方の祖父は男爵長与称吉。また異母妹にエッセイスト、テレビキャスターの安藤和津俳優奥田瑛二夫人)、従姉の娘に緒方貞子がいる。

女子学習院津田英学塾に学んだ後留学。1970年代以降、ヨーロッパに在住し、1979年から世界飢餓難民問題に深くかかわっていることでも知られている。

欧州滞在中は、ジュネーヴ空港に近いフランスの街フェルネ・ヴォルテールに住み、ライフワーク聖書の研究のかたわら、難民支援活動を積極的に展開した。1990年代後半、日本国内での活動強化のため、帰国した。麗澤大学など多数の大学で教壇にたち、講演も多くこなしている。現在、麗澤大学名誉博士麗澤幼稚園名誉園長。

著書には「聖書を旅する」(全10巻)などがあり、最近、婦人之友社から「こころの座標軸」という本を出して注目されている。80歳代後半に入ったが、若者たちへの語りかける情熱あふれる内容となっている。「犬養道子基金」はイエズス会の難民支援組織「JRS」と連携しながら、過去25年間息の長い、難民支援事業をインドシナ、アフリカ、ボスニア、クロアチア、中東などの世界各地で展開している。

略歴[編集]

主な著書[編集]

  • 『お嬢さん放浪記』(1958年、著述家としてのデビュー作)
  • 『女が外に出るとき』(1964年
  • 『私のアメリカ』(1966年
  • 花々と星々と』(1970年
  • 『新約聖書物語』(1976年
  • 『旧約聖書物語』(1977年
  • 『セーヌ左岸で』(1977年
  • 『ヨーロッパの心』(1991年
  • 『ある歴史の娘』(1995年
  • 『聖書を旅する』(1996年
  • 『女性への十七の手紙』(1998年
  • 『あなたに今できること - 犬養道子、若き女性に語る』(2001年
  • 『未来からの過去』(2001年
  • 『本 - 起源と役割をさぐる』(2004年
  • 『心の座標軸』(2006年

犬養道子役を演じた女優[編集]

外部リンク[編集]