犬コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロナウイルス科
Canine coronavirus.jpg
イヌの肺組織における犬コロナウイルス抗原
分類(ウイルス)
: 第4群(1本鎖RNA +鎖)
: ニドウイルス目
: コロナウイルス科
亜科 : コロナウイルス亜科英語版
: アルファコロナウイルス属英語版

犬コロナウイルス(いぬコロナウイルス、Canine coronavirus)とは世界的に分布するコロナウイルス科に属するウイルスの1種であり、高い伝染力を有し、イヌ消化器症状を引き起こす。犬コロナウイルスは1971年ドイツにおける番犬での流行に際に発見された[1]。犬コロナウイルスは小腸絨毛で増幅し、消化器症状は小腸粘膜上皮細胞のアポトーシスに関連して生じる[2]

出典[編集]

  1. ^ Pratelli A (2006). “Genetic evolution of canine coronavirus and recent advances in prophylaxis”. Vet Res 37 (2): 191–200. doi:10.1051/vetres:2005053. PMID 16472519. 
  2. ^ “Canine coronavirus induces apoptosis in cultured cells”. Vet Microbiol. PMID 17254720.