牧村憲一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

牧村憲一(まきむら けんいち、1946年11月3日 - )は、音楽プロデューサー昭和音楽大学講師。

略歴[編集]

東京都渋谷区出身。早稲田大学法学部在学中の1968年、音楽サークル“グリー・クラブ”の先輩三浦光紀のキング・レコード就職に伴い、私設アシスタントとして音楽業界に身を投じる。無給だったため、1970年頃、小室等の事務所に預けられ、六文銭のマネージメントを担当する。

1970年、中津川フォーク・ジャンボリーの実行委員となり、東京のアーティストのブッキングを担当する。

1971年、早稲田同窓の後藤由多加に誘われ、ユイ音楽工房の設立に参加する。同事務所では、かぐや姫を担当する。「神田川」がディレクターとして最初に成功した楽曲となる。しかし、日本のフォークが嫌になり、大森昭男のONアソシエイツに移籍する。

CM音楽制作にあたり、三浦から聴かされていた大滝詠一を大森に推薦する。大滝がコーラスに連れてきたシュガー・ベイブに注目し、シュガー・ベイブとセンチメンタル・シティ・ロマンスのマネージメントとプロモーションをする会社“アワ・ハウス”を興す。しかし、シュガー・ベイブが突然解散することになり、山下達郎大貫妙子をソロ・デビューさせる。山下『CIRCUS TOWN』(76年)、大貫『Grey Skies』(76年)、『SUNSHOWER』(77年)を制作するも、資金が底をつき“アワ・ハウス”は倒産する。その後、新宿ロフトの“ロフト・レーベル”に協力しているときに知り合った川原伸司から、杉真理のバックコーラスをしていた竹内まりやを紹介される。竹内まりやの『BEGINNING』(78年)、『UNIVERSITY STREET』(79年)、『LOVE SONGS』(80年)のプロデュースを担当する。

1980年代に入ると、細野晴臣が主宰するノン・スタンダード・レーベルでディレクターとして活動し、小西康陽率いるピチカート・ファイヴ鈴木惣一朗率いるワールドスタンダードらを輩出。

その後ポリスターレコードに移籍し、1990年代にはフリッパーズ・ギターL⇔Rを世に送り出した。

現在はフリーとして活動している。