牧場物語 ワンダフルライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
牧場物語 ワンダフルライフ
ジャンル シミュレーション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 トーセ
発売元 マーベラスインタラクティブ
人数 1人
メディア 光ディスク
発売日 2003年9月12日
売上本数 約11万本
テンプレートを表示

牧場物語 ワンダフルライフ』(ぼくじょうものがたり ワンダフルライフ)は、マーベラスインタラクティブから2003年9月12日に発売されたニンテンドーゲームキューブ専用のシミュレーションゲームである。

牧場物語シリーズ通算10作目。略称は「ワンライ」。

概要[編集]

全6章構成。わすれ谷で30年に及ぶスケールで展開される。30年という長い期間をプレイする事になる。ただしシリーズの他作品とは違い、1ヵ月は10日で、1年が40日で構成されている。そのため他作品の1ヶ月30日、1年120日という期間を基準にすると、実質的には10年分の時間である。

GBAケーブルを使用する「わくわくリンクシステム」によって、ゲームボーイアドバンスで発売された『牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち』と通信できる。

エンディング後の継続プレイはできないが、その後の住民、家族の様子が見られる。

ストーリー[編集]

はじまりの章は主人公が牧場経営をしながら生涯を共にするパートナーと出会い、結婚するまでの物語。結婚しない場合はゲームオーバーになってしまう。PS2版では冒頭で牧場経営を拒否することもでき、その場合は当然ながらゲームオーバーとなる。主人公の年齢は25歳前後。

誕生の章では、主人公とパートナーの間に子供が生まれる。子供はGC版とガール版では男の子のみだが、PS2版では特定の条件を満たすと女の子が生まれる。子供の年齢は3歳前後。めぐみの章では子供が少年期まで成長している。子供の年齢は8歳前後。たわむれの章では子供が思春期・反抗期を迎え、ぎこちない家族関係となる。子供の年齢は15歳前後。旅立ちの章では子供が青年に成長し、段々と自分の将来のことを考え始める。子供の年齢は18歳前後。黄昏の章では子供が成人し、主人公も老齢となる。章の最後にある出来事が起き、その後、子供は自分の選んだ道を進んでいく。

システム[編集]

子供[編集]

子供には複数のパラメーターが存在し、様々な要因で変化する。最終的にそのパラメーターに応じて進路が決まる。子供の外見(髪や瞳の色、表情、服装)は結婚相手によって異なるが、姿形はほぼ同様である。娘の場合は主人公似という設定のため結婚相手による変化はない。子供の主人公に対する呼称は成長するにつれ、「とーたん・かーたん」(誕生の章)、「とうちゃん・かあちゃん」(めぐみの章)、「オヤジ・おふくろ」(たわむれの章以降)と変化していく。娘の場合はめぐみの章以降「パパ」になる。

友好度
主人公との仲の良さを示す数値。親子であるため初期値はかなり高い。低いとたわむれの章(反抗期)で喧嘩イベントが起こりやすくなる。
活力
機嫌の良さ。低いとたわむれの章(反抗期)で喧嘩イベントが起こりやすくなる。
やんちゃ度・内気度
子供の性格を示す数値。文字通り、やんちゃ度が高いと活発な性格になり、内気度が高いとおとなしい性格になる。結婚相手によって初期値が異なり、セピリアとマッシュはニュートラル(中間)、ムームーとロックはやんちゃ度が高く、ナミとグスタファは内気度が高い。この数値は劇的に変化することはないが、誕生の章(幼児期)では他の章に比べてやや変化しやすい。
能力
最終的な進路はこの数値によって決定される。結婚相手によって伸びやすさや興味の有無が異なる。また、章の合間にその時点での得意な分野に関するイベントが起き、適切な選択肢を選ぶと大幅に能力が伸びる。
農業
主人公が作物を育てる、作物を見せる、農場に連れて行く、ベスタやマッシュ、セピリアと会話する、などで変化する。
酪農
主人公が動物と接する、酪農品を見せる、タカクラと会話する、などで変化する。
学問
積み木セットを与える、科学者の家や遺跡に連れていく、ダリルやカーターと会話する、などで変化する。
芸術
スケッチブックを与える、おやしきや芸術家の家に連れて行く、ルミナやゴーディ、ガーファンと会話する、などで変化する。
音楽
子守唄を歌う、おやしきやグスタファの家に連れて行く、ルミナやグスタファと会話する、などで変化する。
運動
高い高いをする、ボールを与える、スアリーの家に連れて行く、スアリーやヒューと会話する、などで変化する。

登場人物[編集]

主人公のほかにも、このゲームには、様々なキャラクターが存在する。

花嫁候補[編集]

セピリア
農園で働いている清楚系GIRL。花が好きなヒロインらしい女の子。穏やかで明るい性格。幼い頃は体が弱かった。両親と兄は外国にいて、今は1人暮らしらしい。
ムームー
酒場で働いているセクシー金髪美女。とにかく明るい。軽いところはあるが勘は良い。都会でOLをしていたことがあるらしい。きれいなものが好きで、花や発掘したコイン、鉱石などがお気に入り。チーズやバターも喜んでくれる
ナミ
宿屋に泊まっているクール美女。自由気ままな旅をしており、気分屋でつかみ所がなく好奇心は旺盛。アンバーの季節が好きで、その時期に咲く花がお気に入り。発掘で手に入るドグウも喜ぶ。
ルミナ (PS2版のみ登場)
ロマナの孫で、お嬢様。引っ込み思案で、ちょっとワガママ。午前中はお屋敷のピアノを弾いていることが多い。花を育てるのと、キノコ料理が好き。

牧場物語 ワンダフルライフ for ガール[編集]

牧場物語 ワンダフルライフ for ガール
ジャンル シミュレーション
対応機種 ニンテンドーゲームキューブ
開発元 トーセ
発売元 マーベラスインタラクティブ
人数 1人
メディア 光ディスク
発売日 2004年7月8日
売上本数 約5万本
テンプレートを表示

牧場物語 ワンダフルライフ for ガール』(ぼくじょうものがたり ワンダフルライフ フォー ガール)は、2004年7月8日発売されたニンテンドーゲームキューブ専用のシミュレーションゲームである。牧場物語シリーズ通算12作目。『牧場物語 ワンダフルライフ』を女の子向けにアレンジした作品。

概要[編集]

基本となる物語やシステムは『牧場物語 ワンダフルライフ』と同じだが、恋愛イベントや自宅の内装などが女の子向けにアレンジされている。イベントの追加のほか、主人公の服を着せ替えられる「着せ替えシステム」が追加され、クリア後の継続プレイも可能になった。

また本作の「わくわくリンクシステム」は『牧場物語 ミネラルタウンのなかまたち For ガール』のみ通信できる。

牧場物語 Oh! ワンダフルライフ[編集]

牧場物語 Oh! ワンダフルライフ
ジャンル シミュレーション
対応機種 プレイステーション2
開発元 トーセ
発売元 マーベラスインタラクティブ
人数 1人
発売日 2004年11月11日
テンプレートを表示

牧場物語 Oh!ワンダフルライフ』(ぼくじょうものがたり オー ワンダフルライフ)は、2004年11月11日に発売されたシミュレーションゲームである。牧場物語シリーズ通算13作目。『牧場物語 ワンダフルライフ』にイベントや登場人物を追加した上で、プレイステーション2専用ソフトとして移植されたものである。

概要[編集]

GC版『牧場物語 ワンダフルライフ』をベースにしているが、「着せ替えシステム」の追加や、クリア後の継続プレイが可能になっている。またヒロイン候補にルミナが加わり、条件を満たすと、結婚後の出産で女の子が生まれるようになった。

主題歌にDREAMS COME TRUEの楽曲『a little waltz』が使用されている。

外部リンク[編集]