片浦弘道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

片浦 弘道(かたうら ひろみち、1959年[1] - )は、日本の物理学者カーボンナノチューブ物性研究が専門。

略歴[編集]

研究テーマ[編集]

単層カーボンナノチューブの試料を作成し、基礎的な物性解明を進めている。また、主要な光学応答遷移のエネルギーが、カーボンナノチューブの直径に依存することを明示。専門用語片浦プロット斉藤理一郎が命名した。

受賞[編集]

この論文は、カーボンナノチューブ内における、「氷のナノチューブ」を実験的に検証し、構造解析した、最初の論文であった。受賞理由で、「本論文がきっかけとなって、氷ナノチューブは独自の分野に発展した」と評価された。

出典[編集]

  1. ^ JSTニュース2010年6月号 (PDF)”. 科学技術振興機構. 2013年8月9日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]