片岡治大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片岡易之から転送)
移動: 案内検索
片岡 治大 (片岡 保幸)
読売ジャイアンツ #8
Giants kataoka 8.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県千葉市花見川区
生年月日 1983年2月17日(31歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手遊撃手
プロ入り 2004年 ドラフト3巡目
初出場 2005年3月26日
年俸 約1.6億円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
WBC 2009年

片岡 治大(かたおか やすゆき、1983年2月17日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手内野手)。本名は片岡 保幸[1]、2005年から2012年までの登録名片岡 易之(以上、いずれも読み同じ)。愛称はヤス、年下の選手からはヤッさんと呼ばれている[要出典]

兄は元社会人野球選手の片岡昭吾

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3人兄弟の末っ子。小学校時代は作新ヤンキースの4番打者兼投手として活躍。中学時代は千葉北シニアリーグに所属し、2年からレギュラーで活躍。3年時には1番、三塁手で主将としてチームを全国大会に導くが、怪我に苦しんだ時期が長かった。中学校卒業後、栃木県の宇都宮学園高校(現:文星芸術大学附属高等学校)に進学。2人の兄はそれぞれ同校で活躍し有名であり、片岡が入学後「片岡3兄弟」として名を馳せる。高校3年時に3番・遊撃手として自らのサヨナラヒットで夏の甲子園へ出場するが、甲子園では2回戦敗退(2回戦は腰痛で欠場)。

2001年東京ガスへ入社し、同社の社会人野球チーム・東京ガス硬式野球部に入部。怪我が多かったため、登録名を「片岡 易之」とした。同期入社には内海哲也がいる。

2004年秋のプロ野球ドラフト会議西武ライオンズから3巡目の指名を受け入団。期待の表れとして石毛宏典ダリン・ジャクソン松井稼頭央らがつけていた背番号7を与えられた。

プロ入り後[編集]

西武時代[編集]

西武時代(2013年5月28日、阪神甲子園球場)
2010年、西武ドームにて

初年度となった2005年5月1日に9番・二塁手で初スタメン出場。一軍に定着して二塁手または遊撃手として81試合に出場。打率.263、4本塁打、6盗塁の結果を残した。オフには盗塁数増加のため色々なトレーニングを試み、盗塁成功には致命的な足の遅さを技術で補おうと陸上競技をトレーニングに取り入れた結果、盗塁数が倍増したという[2]

2006年、5月末に高木浩之から二塁手のレギュラーを奪うと、打率.292を記録して2番・二塁手の座を確保。中島裕之の故障で8月から9月上旬まで一時的に遊撃手に回った。千葉ロッテマリーンズ[いつ?]では1試合3盗塁を2試合連続で決めるなど走塁技術も向上し、福地寿樹とのコンビで2人合わせて53個の盗塁を決めた。またバントの技術にも優れ、リーグ2位の33犠打を記録した。

2007年、2番・二塁手で初の開幕スタメンをつかんだが、4月18日の日本ハム戦で右翼手G.G.佐藤と接触して右ひざと胸部を打撲し途中退場。翌日の試合では怪我を押して代打出場し安打を放ったものの、状態が悪く登録を抹消された。5月30日に復帰したが、しばらくは負傷の影響で2割台前半の低打率にあえいだ。8月に月間打率.353(13盗塁)を記録して打率を急上昇させたが、最終的に打率.256に終わった。一方で、盗塁技術はさらなる進歩をみせ、38盗塁を記録。本多雄一との争いを制して自身初の盗塁王のタイトルを獲得した。守備でも失策が前年の13個から5個と減少し、守備率.993は二塁手部門でリーグトップの数字であった。犠打も前年より増やし、リーグ2位の35個を記録した。

2008年、開幕から1番打者を任される。打っては2番打者の栗山巧とともに167安打で最多安打のタイトルを獲得し、リーグトップの得点圏打率.382と勝負強さも発揮。走っては前半戦だけで前年の盗塁数を上回ると、最終的に50盗塁を記録し、2位の渡辺直人を16個引き離して2年連続の盗塁王となった(パ・リーグの50盗塁以上は1997年の松井稼頭央以来)。また、選手間投票でオールスターゲームに初出場し、自身初のベストナインにも選ばれた。巨人との日本シリーズでは7試合全てで安打を放ち、5盗塁を記録。第7戦では1点を追う8回に死球で出塁すると、盗塁と送りバントで三塁に進み、続く中島の打席でギャンブルスタートのサインに応え三塁ゴロの間に同点のホームを陥れ、逆転日本一の足がかりを作る活躍を見せた[3]アジアシリーズ初戦のSKワイバーンズ戦は風邪のため欠場したが、決勝までの3試合に1番・遊撃手として出場し、シリーズ制覇に貢献した。

2009年WBC日本代表に選出された。日本代表監督の原辰徳は「足(走塁)で代表に選んだ」と語り、片岡を「JOKER」と例えた[2]。また、イチローも「ファミスタの『ピノ』みたい」と評し、一次候補選手の中では中島裕之岸孝之に並ぶキーマンに挙げた[4]。第一ラウンドこそ出番はなかったが、第二ラウンド初戦のキューバ戦から主に先発が左投手時にスタメン出場。決勝・韓国戦では、同点の7回表、先頭打者としてレフト前ヒットで出塁すると続くイチローの打席では1ボールからの2球目で盗塁に成功。さらにイチローのバントヒット、中島裕之のレフト前ヒットと続き、片岡が貴重な勝ち越しのホームを踏んだ。大会通じて打率.308、盗塁は1位タイの4盗塁を挙げ、慣れない三塁手の守備も手堅くこなし、WBC2連覇に貢献した。 レギュラーシーズンでは前年同様、1番・二塁手として起用されたが打撃不振に陥り、4打数以上無安打の試合は29回とリーグ最多を記録、出塁率も低迷した。前半戦は打率.282で折り返したが、最終的には打率.260と復調しないままシーズンを終了した。一方で13本塁打・58打点は自己最高と長打率は上がり二塁手部門でパ・リーグトップの守備率を記録したが、時折緩慢なプレーでピンチを招くこともあった。盗塁数では9月まで本多雄一川﨑宗則にリードを許していたが、9月20日から6試合で10盗塁を記録し、自己最多の51盗塁を記録、3年連続となる盗塁王のタイトルを獲得した。オフの契約更改では「盗塁王は本塁打王と同じ価値がある」と主張し、越年交渉の末にサインした。

2010年は、開幕当初こそ調子があがらなかったものの、オールスターゲーム第2戦では5打数4安打でMVPを獲得し、8月24日のロッテ戦でパ・リーグでは福本豊以来となる3年連続50盗塁を達成した[5]。自己最高の打率.295、出塁率.347、59盗塁とリードオフマンとしてチームを牽引し、4年連続で盗塁王に輝いた(本多雄一と同時受賞)。一方、5月にアキレス腱、6月に左肩と相次いで故障し、9月20日のソフトバンク戦では走塁中に右足ふくらはぎを痛めると、シーズン残りとクライマックスシリーズを欠場した。

2011年は春季キャンプで右足を捻挫して出遅れ、4月中旬に20打席連続無安打と打撃不振に陥る。「1番・二塁」として開幕から53試合連続のフルイニング出場を続けていたが、6月28日のオリックス戦の守備時[6]に左肩を痛めると同時に脳震盪を起こして途中交代[7]7月5日のソフトバンク戦で一塁に帰塁する際に右肩を亜脱臼し、一軍登録抹消された[8]9月3日に一軍復帰後は「9番・二塁」として出場を続けるが、6月に痛めた左肩の影響で10月5日に本人の申し出で登録抹消。同月13日に左肩脱臼修復のための手術を受けた[9]。度重なる怪我の影響もあり、86試合出場で打率.230、22盗塁にとどまり5年連続の盗塁王を逃した。

2012年は前年の手術の影響で開幕を二軍で迎える。5月1日に一軍復帰、同月10日には復帰後初ホームランを放つ。しかし、7月10日のソフトバンク戦の守備時に右手首を痛め途中交代[10]。その後も回復しなかったため、9月16日に右手三角靱帯複合体損傷修復手術を受け[11]、シーズン残りを棒に振った。二年連続で怪我に悩まされ、52試合出場、7盗塁はいずれも自己ワーストとなった。同年12月30日、登録名を「片岡 治大」に変更することが発表された[12]

2013年、怪我からの復活を期すと同時にベテランとしてチームを牽引し[13]、「1番・二塁」として開幕スタメンに名を飾る。4月下旬に左膝裏を痛めるも出場を続け、6月7日に国内FA権を取得したが、怪我の悪化を理由に同月14日に登録抹消され[14]、3ヶ月間戦列を離れた。9月25日の楽天戦でサヨナラ2ランを放ち[15]、9月度のスカパー!サヨナラ賞を受賞。

巨人時代[編集]

2013年シーズン終了後、FA宣言し、12月1日に読売ジャイアンツ(巨人)への移籍を表明[16]

12月9日に入団記者会見[17][18][19]。契約は2年で総額3億5000万円(金額は推定)[17][18]、背番号は8に決定[17][18][19]

プレースタイル[編集]

50m走で6秒3、一塁到達まで4.06秒と盗塁王経験者の中でもずば抜けた俊足ではないものの[20]、高い盗塁技術を誇り盗塁成功率が高い[21]。盗塁数の増加の要因としては、スタートの向上と、プロ入り前からの特徴であった独特なスライディング法を挙げており、低いスタート姿勢によって素早くトップスピードに入り、「ベースを吹っ飛ばすつもりでやる」というベースの近くギリギリからのスライディングを行うことにより、スピードのロスを防いだまま次塁に到達することができるという[22]

守備では主に二塁手として起用されており、遊撃手も務めることができる。二塁守備では打球に対する反応の良い上に球際に強く[23]、得点換算でも高い数値を記録している[24]

打撃では二塁打、三塁打が多く2009、2010年には2桁本塁打を記録するなどパンチ力も備えるが、アッパースイングのため高めの球に弱く[23]フライアウトで凡退することが多い。三振が少なく追い込まれてからもファウルで粘る技術を持ち合わせているが、多少のボール球でもファウルで逃げる癖があり、早いカウントから打ちに行く傾向があるので四死球が少ない。また、打者走者としては毎打席全力疾走をするタイプではなく、アウトと思ったら流して走る傾向にある[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 西武 81 219 194 29 51 10 0 4 73 16 6 1 14 1 9 0 1 21 1 .263 .298 .376 .674
2006 115 468 404 57 118 21 4 4 159 44 28 9 33 3 24 0 4 42 4 .292 .336 .394 .729
2007 116 486 422 40 108 19 2 3 140 34 38 9 35 6 17 1 6 51 7 .256 .290 .332 .622
2008 139 634 582 85 167 25 6 4 216 46 50 17 19 2 24 1 7 57 11 .287 .322 .371 .693
2009 139 646 588 92 153 32 4 13 232 58 51 12 12 3 36 2 7 72 8 .260 .309 .395 .704
2010 137 643 576 100 170 31 5 13 250 54 59 12 14 5 43 0 5 72 9 .295 .347 .434 .781
2011 86 364 326 43 75 8 2 1 90 18 22 10 8 0 26 1 4 51 3 .230 .295 .276 .571
2012 52 231 204 26 46 6 1 2 60 19 8 7 7 4 15 0 1 30 6 .225 .277 .294 .571
2013 72 300 259 41 75 5 0 4 92 28 9 1 15 0 24 0 2 35 4 .290 .354 .355 .710
通算:9年 937 3991 3555 513 963 157 24 48 1312 317 271 78 157 24 218 5 37 431 53 .271 .318 .369 .689
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


二塁 三塁 遊撃
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2005 47 51 78 3 13 .977 1 0 0 0 0 ---- 28 43 91 4 17 .971
2006 76 167 193 6 28 .984 - 38 66 119 7 26 .964
2007 110 261 345 4 63 .993 - 7 9 8 1 4 .944
2008 128 315 388 11 78 .985 - 15 12 19 0 4 1.000
2009 139 322 440 7 88 .991 - -
2010 137 308 433 9 84 .988 - -
2011 86 161 278 4 55 .991 - -
2012 52 107 163 4 29 .985 - -
2013 70 115 173 2 29 .993 - 1 0 0 1 0 .000
通算 845 1807 2501 50 467 .989 1 0 0 0 0 - 89 130 237 13 51 .966
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

節目の記録

その他の記録

背番号[編集]

  • 7 (2005年 - 2013年)
  • 8 (2014年 - )

登録名[編集]

  • 片岡 易之(2005年 - 2012年)
  • 片岡 治大(2013年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2013』P153掲載「片岡治大」
    • 『12球団全選手カラー百科名鑑2014』P136掲載「片岡治大」
  2. ^ a b <「Get sports 2009年3月1日493回放送分 WBC日本代表 片岡易之 「JOKER」より」>
  3. ^ 片岡史上3人目の5盗塁/日本S 日刊スポーツ 2008年11月10日
  4. ^ 2008年、テレビ番組「J-SPO」(TBS、同年12月21日付放送分)でのインタビューより【Sports Watch】イチロー、WBCのキーマンを挙げた Livedoor News 2008年12月24日
  5. ^ 【西武】片岡が3年連続50盗塁をマーク 日刊スポーツ 2010年8月24日
  6. ^ 片岡がジャンピングスロー!しかし... 6月28日 オリックス-西武 PacificLeagueMovie
  7. ^ 【西武】片岡負傷交代、フル出場途切れる 日刊スポーツ 2011年6月28日
  8. ^ 【西武】片岡が右肩痛で登録外れる 日刊スポーツ 2011年7月9日
  9. ^ 【西武】片岡の手術終了、来季復帰目指す 日刊スポーツ 2011年10月13日
  10. ^ 【西武】片岡、右手首痛め途中交代 日刊スポーツ 2012年7月10日
  11. ^ 【西武】片岡、武隈が手術へ今季絶望 日刊スポーツ 2012年9月16日
  12. ^ 2012年12月30日配信 登録名の変更について - 埼玉西武ライオンズ公式 2012年12月30日閲覧
  13. ^ 若き西武を牽引する片岡治大の、“数値化できない”ファインプレー。(1/4) NumberWeb 2013年4月26日
  14. ^ 西武 片岡 登録抹消 左膝裏痛が再発 Sponichi Annex 2013年6月15日
  15. ^ 片岡V弾 西武連夜のサヨナラ勝ち 日刊スポーツ 2013年9月26日
  16. ^ 片岡「小さいころはファンでもあった」巨人入りを表明 - 『スポニチアネックス』2013年12月1日
  17. ^ a b c 片岡が入団会見 日本一貢献へタイトル狙う「貪欲に次の塁を」 - 『スポーツ報知』2013年12月9日19時20分(インターネット・アーカイブ2013年12月17日付保存キャッシュ)
  18. ^ a b c 巨人・片岡、日本一貢献を誓う「タイトルに絡む数字を残せば」 - 『SANSPO.COM』(サンケイスポーツ)2013年12月9日19時30分(共同)
  19. ^ a b 巨人入り片岡「今から野球したい」 - 『nikkansports.com』(日刊スポーツ)2013年12月10日7時20分(紙面から)
  20. ^ 小関順二、西尾典文、石川哲也、場野守泰 『プロ野球スカウティングレポート2011』 廣済堂出版、2011年、76頁。ISBN 978-4-331-51519-8
  21. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』 白夜書房、2011年、35頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  22. ^ 2008年11月17日テレビ朝日Get Sports「日本シリーズ検証企画 埼玉西武ライオンズ 片岡易之 「日本一を勝ち取った足」」での栗山英樹との対談より。
  23. ^ a b 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、36-37頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  24. ^ Baseball Lab守備評価~Second BasemanSMR Baseball Lab
  25. ^ 早くも独走態勢の構えを取る西武。金子侑司は中島の跡を継げるのか?(3/3) NumberWeb 2013年5月1日
  26. ^ 相手投手交代に伴い代打の代打柴田博之と交代したため実際に打席には立っていない。3月28日の日本ハム戦に守備固めとして出場し、初めて実際に打席に立ったのは3月29日に初安打を放った打席である。

参考資料[編集]

  • 『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ
    • 12球団全選手カラー百科名鑑2013(『廣済堂ベストムック』219号。2013年2月25日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331802212
    • 12球団全選手カラー百科名鑑2014(『廣済堂ベストムック』247号。2014年2月21日発売・発行、廣済堂出版) ISBN 978-4331802533
  • 各種外部リンク

関連項目[編集]

外部リンク[編集]