片山博通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左から博通、兄・観世左近、母・光子、祖母・三世井上八千代。1927年頃(20歳前後)。

片山博通(かたやま ひろみち、1907年12月22日 - 1963年3月10日)は、観世流シテ方能楽師。京都生まれ。観世元義(片山九郎三郎)の次男。兄は24代宗家観世左近。1928年、雑誌『観世』の創刊に関わる。1944年、家名の8代目片山九郎右衛門を襲名するが、1958年、博通に戻る。演能中急逝。妻は4代井上八千代(片山愛子)、子が9代片山九郎右衛門

著書[編集]

  • 幽花亭随筆 檜謡曲書店, 1934
  • 愛慾煩悩 創作集 私家版, 1936
  • 真の花 丸岡出版社, 1943
  • 芸道一路 檜書店, 1952