爆破解体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
爆破解体により建物が崩れ落ちる瞬間。

爆破解体(ばくはかいたい)とは、大型の建築物高層ビルスタジアム煙突など)をダイナマイトなどの爆薬を用いて爆破し、解体すること。発破解体(はっぱかいたい→発破)とも呼ばれる。

概要[編集]

これらの施工は、英語では爆発を意味する explosion ではなく、爆縮を意味する implosion があてられる。これは爆発物(爆弾)が外部に向かって対象物を吹き飛ばすのに対して、爆破解体ではコントロールされた最小限の爆発や、あるいは炸薬の燃焼に伴う高熱や指向性のある爆轟で切断する爆切(→モンロー/ノイマン効果による)で、建物の構造を破壊、敷地の内側に構造の自重によって倒れ込み折り畳まれるようにして倒壊させるためである。

爆破解体の行われる理由は、大型建築物を安価で容易に、また人件費を掛けずに短期間で解体できるためである。その反面、構造を無視した無闇な爆破は、建物の破片が周囲に飛散したり予想外の方向に倒れこんだりといった危険を伴うため、予め建物の構造を図面と実物の双方で調査し、緻密に計算された最低限の爆薬を適切な場所に設置し発破をかけ、建築物自身の均衡を崩し強大な重量で自壊するのを後押しするような形でとりおこなう。

爆破解体は建物の崩れ落ちる様子に迫力があるため、当日には大勢の見物人が集まることも多い。日本国内では簡単には行えないことから(後述)馴染みはないが、1980年代に三田工業(現・京セラドキュメントソリューションズ)やスバル・レオーネのテレビCM中で、アメリカでのビル爆破解体の瞬間が放映されたことで一気に注目を浴びた。

煙突の爆破解体の連続写真

爆破解体の技術[編集]

爆破解体により崩れ落ちる建物。周辺に瓦礫が飛散するのを防ぐため、建物が内側に崩壊するように爆破されることが多い。

爆破解体では、建物構造の倒壊で上部構造が下部構造を押し潰して破壊が連鎖的に進行するように、綿密に計算された爆発を発生させる。このため確実で誤差のできるだけ少ない方法が取られ、電気的な着火を行うための電気雷管を使用し、爆発物を計画的に設置する。この爆破手順は一種のシーケンサーに入力された手順に沿って進行し、施工方法によっては全ての雷管を同時に起爆するのではなく、ある程度の間を置いて起爆させることもある。この場合、既に崩れた部分が先の爆発で強度の低下した部分に落ち込むようになっており、また部分的に原型のまま崩落させ、階下構造を打ち抜くためのとして利用する場合もある。

過去の失敗例では、予期しない経路の爆薬が先に発火、その先の爆薬が起爆用ケーブルの破損によって不発となるなどして、部分的に構造が残ってしまったという事例が見られる。

この施行の際には、幾つかの性質の違う爆薬や火工品が用いられ、指向性のあるものや鉄骨や鉄筋を爆切するもの、またフロアの床面を抜いて崩落を助けるものなどの工夫が見られる。

同技術の初期の頃には、単純に基部構造を発破(ダイナマイトによる爆破)で吹き飛ばし、倒れるに任せるという現在から見れば乱暴極まりない方法が行われていたが、予期せぬ方向に倒れた煙突の爆破では、倒れた際に飛び散った破片などで見物人に死傷者が出た事例もあり、次第に「出来るだけ垂直方向に崩れ落ちる」ように変化していった。現在では過去の破壊データの蓄積にも拠り、柱の倒れる方向や建物全体の崩れ落ちる方向もコントロールすることまで可能になっている。

爆破解体では、予定された方向への倒壊を促すため、発破の事前に鉄筋や鉄骨を切断しておくなどの準備作業を行い、次いで爆薬をセットするための穴をコンクリート構造に穿つ作業が行われる。この際、水平方向にコンクリートを爆砕しても、残った構造の上に上の構造が「乗ってしまう」場合もあるため、上構造をずらせて滑り込ませるために角度をつけて破砕し、上の重量が集中する柱構造が下の構造に乗らずに、より強度の低い床面などを直撃するようにといった工夫が見られる。

日本国内の事例[編集]

日本では火薬の取り扱いや関連する法規制が厳しく、また都市部では建物が隣接していて破壊時に飛び散る破片や埃の問題、さらには地震国である日本の強固な建物に対応するための火薬量調整の難しさもあり、橋梁などの撤去作業など人里離れた場所以外ではあまり行われず、ビル解体では建物内に搬入した小型建設機械で上から削り取るように解体する方法や、爆破解体の代替技術として時間を掛けてゆっくり膨張する静的破砕剤が利用される。後者は、計算された破壊を行うという観点からは、爆破解体に通じる技術体系となっている。

日本で初めて爆破解体が試みられたのは、国際科学技術博覧会1985年)の国際連合平和館1986年3月解体)である。公式には「成功」とはされているものの、ドーム状建物の大部分がワイヤー補強コンクリートで予想よりも強度に優れ、大きな塊のまま残ってしまったことが報告されている[1]

爆破直前
爆破直後
爆破終了後
「木の岡レイクサイドビル」爆破解体の様子

日本でビル解体に爆破解体を行った例には、大津市木の岡町の琵琶湖湖畔に建っていた木の岡レイクサイドビル、通称「幽霊ビル」(「幽霊ホテル」とも)の解体工事(1992年5月22日実施)がある。

このビルは、大阪万博来場客を当てこんだ鹿児島県の業者が観光ホテルとして1968年に着工したが、後に資金難から工事が中断したもの。その後暴走族の溜まり場になっているなどの苦情もあり、早期に解体を望む声はあったものの、解体費用がネックとなり、20年以上もの間野ざらしにされていた。ある業者がこの敷地を買い取り、ビルを解体して跡地にリゾート施設を建設することとなった。ビル解体についてはコスト面からダイナマイトによる爆破解体を選択したが、当時その会社では火薬類取扱保安責任者資格を持つ者がいなかったため、全社を挙げて資格取得に臨むこととなったという。ただ試験に合格したのは、当時入社数年程度の事務の女子社員2名のみであったという(何名が受験したかは不明)。

ビル爆破の当日は最寄り駅のJR叡山駅(現・比叡山坂本駅)周辺を中心に大賑わいとなり、現地にはその瞬間を見ようと4万人以上もの観衆が訪れた。またヘリコプターが多数飛び交うなどマスコミも大挙押し寄せた。そして定刻より1分遅れの13時01分にスイッチが入れられ、ビルは発破解体された。しかし、上から雪崩のように崩れたわけではなく、主に横倒しになっただけであった[2]。一応「成功した」ことにはなっているものの、後に不発のダイナマイトも見つかるなど、「実際は失敗だった」という声もある。

ちなみに、爆破解体計画が持ち上がった当初は周辺住民からの反対運動もあったため、業者がわざわざオーストラリアに住民を招待し実際の解体現場を見せるなどして説得にあたったという。また、法規制の問題などもあり、少量の火薬でビルを倒壊できるよう、琵琶湖側に横倒しする方法を選んだという。ただ、解体された後も当該跡地は野ざらしのままとなっていた[3]

日本国内では上述の通り法規制が厳しいことなどもあり、これ以降に実施されたケースは少ない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ EXPO'85パビリオン爆破解体」『化工通信 Demolition Topics』(株式会社カコー)[リンク切れ]
  2. ^ 爆破時の画像は京都新聞社のウェブサイトなどで見ることができる。[1][2][リンク切れ]
  3. ^ 県がズサンな河川管理 幽霊ビル跡地購入問題 足洗川の登記、30年以上も放置」『滋賀報知新聞』(2001年9月20日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]