爆発圧接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

爆発圧接(ばくはつあっせつ、explosive welding)とは二種類の金属爆発力によって高速で衝突させ、ユゴニオ弾性限界以上の圧力で両者を結合させる加工法である。俗に爆着(ばくちゃく)と呼ばれる。

爆発圧接'は溶接などと違い、材料同士が冷間で接着されるため材料同士がで変化しないというメリットがある。特に物性に大差のある金属間での圧着が可能である。

戦前まではクラッド鋼の製造は大半が爆発圧接によって作られていた。しかし、近年では加工技術の進歩によりプレス機などを用いて製造される「圧延クラッド鋼」が大半を占めるようになり、「爆着クラッド鋼」のメリットは薄れ、爆薬取扱いのデメリットばかりが大きくなったため、一部の用途のみになってきている。

加工例[編集]

外部リンク[編集]