燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
燃えろ!熱血リズム魂
押忍!闘え!応援団2
ジャンル 応援リズムアクション
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 イニス
発売元 任天堂
人数 1~4人
メディア DSカード
発売日 2007年5月17日
対象年齢 CERO:A (全年齢)
売上本数 約27万本[1]
その他 DS振動カートリッジ対応
テンプレートを表示

燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2』(もえろ!ねっけつリズムだましい おす!たたかえ!おうえんだん2)は、任天堂から2007年5月17日に発売されたニンテンドーDS向けのゲームソフトである。開発元はイニス

概要[編集]

押忍!闘え!応援団』の続編。なお、押忍!闘え!応援団2は副題である。

前作と異なる要素として、ステージ(曲)によってプレイヤーキャラクター(以下プレイヤーキャラと略す)が、原則的に「孤高の応援団」と「高潔の応援団」に変化する。 それ以外のシステム面は、曲のイントロ部分のスキップやリプレイデータの保存(20個)、1カートリッジのダウンロードプレイも可能になるなど、遊ぶ上での快適さを考慮した向上や改善がみられる。これらの多くは『Elite Beat Agents』を踏襲し、さらに改良が加えられている。また、今作では『VISTA』と『サムライブルー』がアーティスト本人の歌唱となっている。

基本的なストーリーは、街のどこかでトラブルに巻き込まれた対象が、困り果てて応援団を呼ぶ、という形式である。今作では、応援の出来によってストーリーが分岐する。具体的には、各ステージのインターバルにおける「×」の回数によって、以下の通りにエンディングが変化する。

  • ×が0回 … グッドエンド。ファンファーレ付きでの「応援 大成功」。ラストに一枚絵が表示される。
  • ×が1回以上だが、すべて×ではない場合 … ノーマルエンド。ボイスのみの「応援 大成功」。
  • すべて× … 失敗ではないが今ひとつなエンディングとなる。「応援 今一歩」と表示される。

ただし、ステージによっては例外もある。シリアスステージではストーリー自体は変わらないが、最後に応援されるキャラクターが手に入れるものが、それぞれによって違うものとなる。また、最終ステージでは、「×」の回数にかかわらずファンファーレ付きの「応援 大成功」であり、エンディングの進行も同じである。

「応援 今一歩」は普通にクリアするよりも出すのが難しく、大抵は狙って出すことになる。制作側もそれを意識しており、エンディングもよりお笑いに偏ったエンディングが多い。「今一歩」の時のエンディングでのみ登場する前作のキャラクターも存在する。

メインメニューの上画面で応援団のキャラクターが登場し、応援しているが、登場するキャラクターはランダムではなく、基本的に「ひとりで応援」で最後に応援したステージの応援団キャラクターになる。ただし、最終ステージをクリアしたあとは、ひとつ上のランクの、夕日町の応援キャラクターとなる(ただし、華麗に応援をクリアした後は、そのまま華麗に応援のキャラクターとなる)。

格付を上げることによりボーナスステージ(隠し曲)も登場するようになる。また、格付けが「救世主」になると「HIdden」モードが登場する。これをオンにしてプレイすると通常押すタイミングとして表示される丸い線が表示されなくなる上にマーカー自体も途中で消える為、タイミングが掴みにくくより難しくなるかわり、得点が1.5倍となる。このモードのオンオフはメニューの「果敢に応援」の横に表示されるアイコンで操作する。

応援を求める人々が表示されるマップは、視点が変わっているが、前作のものが使用されている。例えば、線路の近くに、「ドラゴンラーメン」なるラーメン店が存在する。

応援団員[編集]

夕日町応援団 (孤高の応援団)[編集]

前作『応援団』にも登場した面々。斉藤と鈴木は下の名前が明らかになった。ステージによっては前作より数年を経ていると思われるが時間軸はかなり曖昧である。そのため高校生なのかすらあやふやで、高校によくある応援部とは似て非なる存在で、学生ではない可能性もある。
なお、「夕日町」は前作の新ちゃんが祭りで属していた町内である。

一本木 龍太(いっぽんぎ りゅうた)声:佐々木大輔
その熱い意思と魂は、苦難に立ち向かう周囲の人々に勇気と闘志を沸かせる。髷や髪型全体が前作より更に豪快になった。
孤高の応援団リーダーで、「果敢に応援」のプレイヤーキャラの一人。
百目鬼 魁(どうめき かい)声:鶴岡聡
未来永劫の平和を願い、その心のこもったエールは枯れてしまった花をも咲かせたことがあるという。今作では履物が靴から下駄に変わった。
応援練習で応援を教えてくれるが、(前作同様)応援練習中にDSを閉じてまた再開しようとDSを開けると「こっそりサボるとは何事だ!!出直してこい!!」と怒られ、応援練習が強制的に終わらされる。3DSの場合、HOMEボタンを押してから再開しても強制終了となる。
孤高の応援団団長で、「激烈に応援」のプレイヤーキャラの一人。
田中 一(たなか はじめ)声:石川大介
前作同様、肩書きは新入団員。まだまだ応援の腕は未熟だが、そのひたむきな姿は人々の心に届きつつある。今作では学帽をかぶるようになった。
孤高の応援団見習いで、「気軽に応援」のプレイヤーキャラの一人。
斉藤 篤(さいとう あつし)声:上別府仁資
仁義を重んじ、頑固一徹。こうと決めたら捨て身で全力投球する。冷徹に見えて実は優しい心の持ち主で、動物好き。今作では眼帯が刀の鍔の形になった。鈴木と共にサブキャラクターで登場。名前の由来はスタッフ(イニス)の斉藤敦士より。
鈴木 一徹(すずき いってつ)声:内藤宏樹
誰よりも目立ってしまうが、絶対に期待を裏切らない男。斉藤と同じく動物好き。前作では無かった顎鬚が生えた。斉藤と共にサブキャラクターで登場。名前の由来はスタッフ(イニス)の鈴木一徹(すずき かずゆき)より。
前作では今作における斉藤の設定に近いものが鈴木の設定として使われていた。また、今作では声優が変わっている模様。

チアガールズ[編集]

前作とメンバーは変わらず、服の袖のデザインが変わっている。「華麗に応援」で使用可能。

雨宮 沙耶花(あめみや さやか)声:後藤麻衣
YOGAの教えにより精神統一に優れて、団員の精神修行に一役買っている。今作では髪型がポニーテールに変わった。
孤高の応援団チアリーダーで、「華麗に応援」のプレイヤーキャラの一人。
神田 葵(かんだ あおい)声:田中まや
語学が堪能で六ヶ国語を操り、ラテン語博士号まで取得している。さまざまな場面で発揮されるドジっ娘っぷりは今作でも健在である。今作では髪型のツインテールにリボンが増えた。画像を見る限り前作と比べ、ボリュームが減ったようである。
「華麗に応援」におけるサブキャラクターの一人。
アンナ・リンドハースト(あんな・りんどはーすと)声:阿部幸恵
勉強は大嫌いだが、(しかし前作の学校ステージでは堂々と手をあげていたのでこの設定はどうも矛盾している)チアリーディングの腕は全米TOP3に入るほど。日本が好きで、このまま日本に住み続けていたいと考えている。今作では髪が伸びてウェーブがかかった。
「華麗に応援」におけるサブキャラクターの一人。

朝日町応援団 (高潔の応援団)[編集]

本作新登場の応援団。夕日町応援団のライバル。プレイヤーキャラは、皆動物が好きなようである。エンブレムは「EN」の二文字を「O」で囲っているデザイン(OEN=応援)。彼ら専用のフェリーを所持している模様。団内で犬を飼っているらしいが、誰が正式な飼い主かは不明。
古風でバンカラな雰囲気漂う夕日町応援団とは対照的に、どことなくブルジョワめいた雰囲気を醸し出している。
なお、「朝日町」は前作のお志津ちゃんと彼女の父親が祭りで属していた町内である。

西園寺 隼人(さいおんじ はやと)声:楠田敏之
金髪の長髪でクールな外見だが、信念を貫くための努力は惜しまない。一本木の持つ熱い魂には負けたくないというライバル意識を持っている。
高潔の応援団リーダーで、「果敢に応援」のプレイヤーキャラの一人。金髪ロングヘアー。
鬼龍院 薫(きりゅういん かおる)声:三宅健太
彼がひとたび応援を始めると、その身体からオーラが発せられ周りの空間が独自の世界と化し、その妖艶さに誰もが魅了される。応援の時以外はマントを羽織っている(そのおかげで「気分上々↑↑」ステージの登場時にマントがはためいて森山(後述)の顔が隠れてしまう)。小説家ステージではどういうワケか時刻表を手にとって読んでいたり、道端に捨てられているクマを可愛がっていたりと何かと謎が多い人物。
高潔の応援団団長で、「激烈に応援」のプレイヤーキャラの一人。銀髪でドレッドヘア。
菊地 新太(きくち しんた)声:久山修平
スポーツジムで出会った西園寺に憧れて入団。頭に巻いた長い鉢巻は、いつか彼に近づきたいという証である。
高潔の応援団見習いで、「気軽に応援」のプレイヤーキャラの一人。
男臭い連中ばかりの両応援団でも珍しい正統派美青年。
森山 剛(もりやま つよし)声:眞嶋リョウ
小学校時代に、転入してきた杉田と大喧嘩をしたことがきっかけで、それ以来唯一無二の親友となる。
杉田と共にサブキャラクターで登場。眼鏡をかけたスキンヘッド。
1の祭ステージで彼に似たサングラスをかけた人物がいるが、本人かどうかは不明。
杉田 謙信(すぎた けんしん)声:小嶋一成
喜怒哀楽を表情に出すことは少なく、常に冷静沈着に物事を判断する朝日町応援団の参謀。
森山と共にサブキャラクターで登場。後ろ髪を三つ編みで結っている。常に目を閉じているのか、単に細目なのかは不明。

チアガールズ[編集]

夕日町応援団のチアガールズとは違い、服装の露出は控えめである。「華麗に応援」で使用可能。

白咲 凛(しろさき りん)声:山田茉莉
自立心が強く、小さなころからボランティア活動に勤しんでいる。曲がったことが大嫌いで竹を割ったような性格。
高潔の応援団チアリーダーで、「華麗に応援」のプレイヤーキャラの一人。赤みがかったピンク色の髪でショートヘア、白いカチューシャがある。
河合 ほのか(かわい ほのか)声:高田初美
運動はからっきしだが、自分のエールで相手に喜んでもらえることに感動して入団。彼女と話すと、何について話しているかわからないくらいゆっくりほわわんと話す。ウサギが好きなようである。スカートの右端にウサギのぬいぐるみをつけている。
応援スタイル選択時のダンスで1人遅れて転ぶなど、夕日町の葵に劣らぬドジッ娘キャラであると思われる。
「華麗に応援」におけるサブキャラクターの一人。オレンジ色の髪でツインテール。
水無月 麗華(みなづき れいか)声:中川里江
由緒正しい茶道の家元でもある、超一流の上流家庭のお嬢様。世間知らずな一面があり、つい最近初めてラーメンを食べてその美味しさに感動したらしい(小説家ステージでは「ラーメン珍道中」という本を読んでいる)。
句を詠んだり小説を読んだりと文学少女っぽい。また、「リルラ リルハ」のステージでは、サブキャラである彼女がピアノを弾いている(気軽・果敢・激烈ではプレイヤーキャラが弾く)。
「華麗に応援」におけるサブキャラクターの一人。銀髪のロングヘアーでメガネをかけている。

追加データで登場[編集]

DSステーションの追加データ(2007年6月28日から7月11日まで配信)を受信した際に登場するキャラクター。ただし、動きやストーリー部分に登場するキャラクターは応援団のままである。

Elite Beat Agents
『応援団』の日本国外版『Elite Beat Agents』に登場するEBA所属のエージェント達。難易度に応じて、それぞれのモードに相当するエージェントが登場する。また、対戦モードではJしか使用できない。
ネコ
本編中の随所で存在感を発揮するネコ。対戦モードとEBAモードの時の「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」「COUNTDOWN」(それぞれの応援キャラのカツラ着用)のみ使用可能。その応援スタイルは謎に包まれている。


応援を求める人々[編集]

花田剛(24)/♪「全力少年/スキマスイッチ
前作に続き、今作も最初のステージに登場。今作では就職活動に追われる身となっており、99社も落ちて最後の1社に賭けるが、相変わらず非協力的な家族に翻弄されている。花田家は金物店を営んでいる。

登場サブキャラクター:母、父、弟

佐竹ゆりあ(16)/♪「リルラ リルハ/木村カエラ
合唱部の名門・ベルサイユ女学院に都心から転入して来た女子高生。だが合唱部は長年の成績不振により廃部寸前となっていた。宝塚の男役のような部長・椿薫子と共に、部を立て直す為に奔走する事になる。

登場サブキャラクター:椿薫子、部員、校長

海老山(25)/♪「贈る言葉/海援隊(FLOWアレンジver.)」
橋ノ下部屋の力士。先場所までは小結だったが、今や入門したてのガリガリ山にまで負ける始末。幼い弟や妹と共に路頭に迷う羽目にならないよう、何とか金星を取らなければならなくなる。名前の通りに前髪とチョンマゲで海老を思わせる髪型をしている。タクヤくんの夢の中にも登場する。

登場サブキャラクター:弟たち、妹、ガリガリ山

黒岩慎太郎(29)/♪「POP STAR/平井堅
朝日総合病院の天才外科医。院長の引止めを拒んで病院を辞め、医者のいない孤島の村で理想の医療に従事しようとする。が、住民は医者なら何でも治してくれるとムチャクチャな要求ばかりを言い出す。天才のプライドに賭けて、何でも治してみせると意気込む(実際応援中は馬や電子レンジなどを治している)。応援団の連中も事のついでとばかりにペットやらオモチャやら家電やらを持参している。

登場サブキャラクター:院長

楓(29)/♪「Go my way/矢井田瞳
元女子プロレスラーにして、老舗旅館「夕日荘」の若女将。本人に悪気は無いのだが、元の職業がたたってか旅館の大黒柱にツイストをかけて破壊してしまうなどして、義母に怒られる日々。前作にも登場した人間国宝・風林静山を丁重にもてなせなければ、追い出される事になってしまう。この旅館は露天風呂なのに普段はボイラーで加温しているので、少なくとも源泉掛け流しではない。

登場サブキャラクター:風林静山他

森山狩三(37)/♪「ジュリアに傷心/チェッカーズ
理容師。バリカン一筋で角刈りしか出来ないせいで、店はいつもヒマ。そんな時、突然現れたカリスマ美容師・イーグル品川に店を乗っ取られそうになる。それを阻止する為、カット合戦で勝負する事に。応援中は現実ではあり得ないようなどう考えてもバリカンでは不可能な髪型を作る。前作のタン・ヤオ的な要素あり。

登場サブキャラクター:イーグル品川他

財古山太郎(36)/♪「VISTA/GOING UNDER GROUND
靴問屋。変なスニーカー(マグマを渡れる、伸縮自在と意外に高性能)を大量に仕入れてしまい、在庫の山を抱えている。地球で売れないなら宇宙人相手に商売すればいいという嫁の発想で、ロケットの片道切符を手に宇宙へと飛び立つ事になる。カツラにこだわりがある模様。また、難易度を表す炎は3つだがそれにしてはかなり難しい。

登場サブキャラクター:タコ形宇宙人、イカ形宇宙人、巨大な一つ目宇宙人

岡山桃太郎(74)/♪「少年ハート/HOME MADE 家族
かつて鬼退治をした桃太郎その人。今やすっかり年老いて勇者年金を受け取って暮らしているが、鬼ヶ島で鬼が復活してしまい、老体に鞭打って再び鬼退治に繰り出すハメになってしまう。

登場サブキャラクター:犬、キジ、サル、鬼

大神五郎(24)/♪「気分上々↑↑/mihimaru GT
イケメンのトビ職人だが、正体は狼男で、丸いもの(月でなくても)を見ると変身してしまう。憧れのクミちゃんとの初デートを成功させられるか悩んでいる。最終ステージでは活動を停止した太陽(丸いもの)を見てしまったせいか、最初から最後まで変身した姿のままであった。

登場サブキャラクター:クミちゃん、親方

祭田タクヤ(6)/♪「バンビーナ/布袋寅泰
前作の祭りステージで結ばれたカップルの長男で、前作最終ステージでは赤ん坊として登場していた。性格の悪い妹(まだ赤ん坊)が初登場。おねしょが悩みで、夢の中の水漏れを防ぐ為に、夢の中で応援団を呼ぶ。
夢には任天堂を代表する某らしき水道管工事のおじさん達が登場する(失敗時の演出に到っては正にそのものである)。また前述の海老山も登場し、部屋にも海老山のポスターが貼ってある事や最終ステージで着ている服から、彼のファンであると推測される。
最終ステージでは真っ先に応援団の意思を感じ取り、町の人々に勇気を与える。

登場サブキャラクター:配管工、妹、ビショビショキング

鴨川クリスティーヌ(43)/♪「BANG!BANG!バカンス!/SMAP
恋愛小説家。「カンヅメ状態で愛が足りない」せいで、締め切りの2日前になっても小説が完成せず、ついに締め切り前日となってしまい応援団を呼ぶ。応援中はゴージャスな恋愛妄想を繰り広げる(この妄想の中に前作のあるキャラが登場する)。寒くても薄着。
なお、イントロ部分で応援団達が読んでいる本に、各団員それぞれの個性が垣間見える。
また、この曲は女性がボーカルを担当している。

登場サブキャラクター:泥棒、出前の人、妄想の中の人物(怪盗、騎士)

白鳥マナ(16)/♪「Believe/AI
フィギュア界の新星、白鳥リナを姉に持つ少女。周りがリナばかりをチヤホヤするのにコンプレックスを抱いており、好きだったスケートを止めてしまい、姉にも冷たい態度をとっていた。しかしある日、リナは交通事故で還らぬ人となってしまう。姉の死に自分を責めるマナだったが、コーチに姉が使っていたシューズを手渡され、再びリンクに上がる決意をする。
シリーズに必ず1本挿入されるギャグ要素の薄いバラード曲のエピソードで、クリア時の応援団3人のグラフィックも目に涙を浮かべたものとなっている。彼女自身が応援団を呼ぶ描写は無い。難易度が高いステージでは終盤ほとんどミスが許されない難しいステージである。
また、ステージの最後においてどの難易度にも共通して登場する「∞」型のフレーズマーカーは、スケートの8の字滑りを模していると思われる。

登場サブキャラクター:白鳥リナ、コーチ

深井守(37)・山下浩介(35)・山田総司(36)/♪「/氣志團
町工場の工場長たち。三社の得意分野を生かし、大企業の設立を目指している。ある日、突然大怪獣「ニャラゴン」が出現。三社が力を合わせて作った巨大ロボ「富士一号」で戦おうとするがあっという間に破壊され、修理・強化させる事になる。ラストとボーナスステージを除いた通常曲の中では一番の難易度である。

登場サブキャラクター:富士一号、ニャラゴン

三田玉緒(48)・白金松子(50)・青山和代(53)/♪「ミュージック・アワー/ポルノグラフィティ
主婦にして、国宝級アイドル・星川JIN(通称JIN2)の追っかけ3人娘。コンサート会場にて突然現れたギャング団(モー上田率いるモーモーギャング団)にJIN2を誘拐されてしまい、彼を助ける為に追っかけパワー全開で戦いを挑む。3人揃って「サンライズギャルズ」との事。激烈以上になると出だしが裏打ちになり、難易度が高くなる。

登場サブキャラクター:モー上田、手下、JIN2

サル君&兵隊さん/♪「MONKEY MAGIC/ゴダイゴ(ORANGE RANGEアレンジver.)」
サルのぬいぐるみ&オモチャの兵隊。朝日町に住む吉田風花という女の子に大切にされていたが、ある日お母さんにうっかり捨てられ、ゴミ収集車で夕日町まで運ばれてしまう。遠く離れた町から何とか家に帰ろうと奮闘する。

登場サブキャラクター:ブルドッグ

マサシ(10)/♪「GLAMOROUS SKY/NANA starring MIKA NAKASHIMA
小学4年生。片想い中の女の子・サクラが転校する事になってしまい、彼女に告白する為に友達のゴンちゃん、ケンちゃんと一緒に頑張る。「応援 今一歩」時には、前作のあるキャラが友情出演(?)し、台無しにしてしまう。

登場サブキャラクター:ゴンちゃん、ケンちゃん、サクラ

パケットマン/♪「サムライブルー/ZZ
江戸時代の飛脚のような姿をした擬人化した電波。林太郎がマンホールの中に落とした携帯電話から出てきて、太郎が京香に宛てた「すこしおくれる」という内容のメールを送ろうと意気込むが、マンホール内を勢いよく流れる下水に流され、しかもメールの内容も流されてしまい、力無く応援団を呼ぶ。第3パートまでは人間サイズだが、最終パートではなぜかミニサイズになっている。最終ステージを除けば最高難易度のステージ。
イントロ部分での応援団はなぜかケーキを売っている。看板に書かれている文字は「ケーキ安売り」「高級ケーキ」「ケーキ完売」「ケーキ大サービス」と応援団によって違う。

登場サブキャラクター:林太郎、京香

地球&太陽/♪「(前半)COUNTDOWN/HYDE」「(後半)世界はそれを愛と呼ぶんだぜ/サンボマスター
前半と後半に分かれており、音楽も別のものが用いられる。後半では下画面に初めて両応援団が同時に出現し、協力して応援をする。(ただし登場するのは両応援団のプレイヤーキャラ2人のみ)
(前半)その無償の愛によって我々を生かし続けてきた星。だがある日突然活動を停止してしまい、全世界が氷漬けとなる未曾有の危機に見舞われてしまう。人々は応援団の応援によって迫り来る氷雨から逃れる。

また、このステージではラストの演出上エンディングは変化せず、「応援大成功」などの表記も表示されずにそのまま応援詳細が表示される。

(後半)朝日町応援団を助けるために、犠牲になった夕日町応援団。皆が地球の最期を悟った中、祭田タクヤは夕日町応援団の生存を信じて呼び続ける。それに感化されて今まで応援されていた町の人たちや朝日町応援団も夕日町応援団にエールを送る。見事夕日町応援団は氷の下から復活し、ライバルだった両応援団は互いに力を合わせて、太陽にエールを送る。両応援団・町の人・世界中の人々が一丸となる。
どちらも激烈以上の難易度ではほとんどミスが許されない最終ステージにふさわしい難易度をもつ。

ステージ[編集]

ステージ1
ステージ2
ステージ3
ステージ4
ステージ5
ステージ6
最終ステージ
  • COUNTDOWN 難易度:7
  • 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ 難易度:8(※COUNTDOWNのクリア後に出現する。ただし、COUNTDOWNをクリアした場合は、ストーリーに続く形ですぐにこのステージに突入する)

関連作品[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]