燃える山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
燃える山
ウィンジェン山
Burning Mountain Summit.jpg
山頂の風景
標高 520m (1,706ft)[1]
比高 120m (394ft)[1]
所在地
燃える山の位置(ニューサウスウェールズ州内)
燃える山
燃える山
オーストラリア ニューサウスウェールズ州
座標 南緯31度51分54秒 東経150度54分04秒 / 南緯31.86500度 東経150.90111度 / -31.86500; 150.90111座標: 南緯31度51分54秒 東経150度54分04秒 / 南緯31.86500度 東経150.90111度 / -31.86500; 150.90111[2]
地形図 Murrurundi 9034 (1:100000)
Murrurundi 90324N (1:25000)
登山
最容易登山道 徒歩

通称「燃える山」ことウィンジェン山は、オーストラリア ニューサウスウェールズ州ウィンジェンにあるである。

概要[編集]

シドニーから北におよそ224キロメートル、ニューイングランドハイウェイを少し外れたところに位置する[2]砂岩の下で炭層火災が続いていることが名前の由来。あたりはNPWS(NWS国立公園及び野生動物局)が認可したバーニングマウンテン自然公園として保護されている[3][4]

自然公園の駐車場に車を止めて、看板が設置されているが噴き出している地点まで歩いていくことができる。

科学的調査ではこの山における炭層火災は6000年間続いていると推定されており、知られている中では最も古い炭層火災ということになる[5]。最初に山を訪れた人々は煙を火山活動によるものだと考えていた。炭層火災は南のほうから一年間におよそ1メートルのペースでゆっくりと移動している。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b Topographic map MURRURUNDI 90324N
  2. ^ a b Geographical Names Register Extract: Burning Mountain”. Geographical Names Register (GNR) of NSW. Geographical Names Board of New South Wales. 2011年1月30日閲覧。
  3. ^ Geographical Names Register Extract: Burning Mountain Nature Reserve”. Geographical Names Register (GNR) of NSW. Geographical Names Board of New South Wales. 2011年1月30日閲覧。
  4. ^ Burning Mountain Nature Reserve”. Department of Environment, Climate Change & Water. 2011年1月30日閲覧。
  5. ^ Krajick, Kevin (May 2005). “Fire in the hole”. Smithsonian magazine (Smithsonian Institution): 54ff. http://www.smithsonianmag.com/issues/2005/may/firehole.php 2006年10月24日閲覧。.