熱雷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱雷(ねつらい、英語: Heat lightning)とは、夏季に地面が日射で局地的に強く熱せられ、湿気を含んだ下層の空気が上昇して雷雲が発達し生じる雷雨。高温、多湿の小笠原気団におおわれているときに多い。上空に寒冷空気が流入し、大気が不安定な状態になっている場合に強い雷雨となる。また、山岳部では地形が複雑で、部分的に強く熱せられるため平野部より熱雷が起こりやすい。北関東鈴鹿山脈などに多く発生。範囲は狭く、毎時40kmほどの速さで移動する。大雨をもたらすことがあり、突風を伴うこともある。

これに対して、寒冷前線に沿う上昇気流で発生する雷は界雷(かいらい)とよばれる。しかし実際には双方の原因が複合していることも多く、その場合には熱的界雷、または熱界雷とよばれる。夏の激しい雷雨は、ほとんどが熱的界雷によるもので、停電や交通障害、浸水などの大きな被害を出すことがある。

なお、雷雲を形成する上昇気流の成因によって雷雲は、熱雷・界雷とその他にも渦雷(からい)の3つに分類される。

外部リンク[編集]