熱赤外分光法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱赤外分光法(ねつせきがいぶんこうほう、: Thermal infrared spectroscopy: TIR spectroscopy)とは赤外分光法の一つであり、物体の構成物質を決定する目的で広く使われている。物体全体や表面から放出された熱赤外線を測定し、その電磁スペクトルを解析して既知の物質のスペクトルと比較することで構成物質を決定できる。

熱赤外線分光器[編集]

航空[編集]

  • TIMS: C-130 (航空機)・ER-2に搭載された複数波長放射計
  • SEBASS: Aerospace Corporationによって製作されたハイパースペクトルセンサ。
  • Hyper-Cam: Telopsによって製作されたハイパースペクトル熱赤外線カメラ。
  • OWL: Specimによって製作されたハイパースペクトル熱赤外線カメラ[1]

宇宙[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Frost&Sullivan, Technical Insights, Aerospace&Defence (Feb 2011), #5: World First Thermal Hyperspectral Camera for Unmanned Aerial Vehicles.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]