熱力学第零法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熱力学第零法則(ねつりきがくだいれいほうそく、英語: zeroth law of thermodynamics)とは、「物体AとB、BとCがそれぞれ熱平衡ならば、AとCも熱平衡にある」という原則のことであり[1]熱力学における重要な法則のひとつである。ここで、熱平衡とは、2つのが、をやり取りできる状態で接しているが、状態変化が起きない状況を指す[1]

「第零法則」と呼ばれる理由は、熱力学の体系が出来上がった後、 ジェームズ・クラーク・マクスウェルが基本法則の一つとして数えたためである。温度は熱の移動する方向を示す性質であり、第零法則により温度というものが定義できるようになるほか、温度計を用いた温度の測定も正当化される[1]氷点あるいは沸点の水と温度計(例えば水銀柱)とが熱平衡にある点を基準として、セルシウス度[1]華氏などの温度が定義された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d P. W. Atkins 『アトキンス物理化学 上』 千原秀昭中村亘男訳、東京化学同人2001年、第6版、16-17頁。ISBN 4-8079-0529-5

参考文献[編集]

関連項目[編集]