熊谷元一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

熊谷元一(くまがい もといち、Motoichi KUMAGAI、1909年7月12日-2010年11月6日)は、日本写真家童画家

長野県下伊那郡会地村(現在の阿智村)に生まれる。

もともとは小学校教員をする傍ら、童画を書いていたが、武井武雄のすすめで子供(自身の生徒たち)などの写真撮影を開始。まだ20代であった1938年に刊行した写真集『会地村: 一農村の写真記録』が高い評価を受ける。(下記「主要な写真集」を参照)(小学校教員を務めていたのは1966年まで)

戦前戦後を通じて写真撮影を続け、1955年には、『一年生 ある小学教師の記録』(岩波書店)により、第1回毎日写真賞を受賞した。

童画家としての活動も並行して継続し、絵本や画集の刊行も行った。

1994年には、は地域文化功労者として文部大臣の表彰を受けた。2006年産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞。

2010年11月6日に101歳で死去。(南信州新聞のウエブサイトより

写真家としては、一貫して農村の姿、特に子供の姿を撮影し続けた。

なお、長男の熊谷博人(ひろと)はブックデザイナーである。

熊谷元一写真童画館[編集]

熊谷元一の出身地である阿智村は、1988年に「ふるさと童画写真館」を建設し(のち「熊谷元一写真童画館」に改称)、熊谷元一本人から寄贈を受けた写真作品(約50000点)の紹介を行っている。(下記外部リンクを参照)

熊谷元一写真賞コンクール[編集]

上記熊谷元一写真童画館(阿智村)では、1998年に「熊谷元一写真賞コンクール」を設け、現在まで毎年受賞者を出している。(下記外部リンクを参照)

主要な写真集[編集]

  • 会地村: 一農村の写真記録(朝日新聞社1938年)(1985年に熊谷元一写真保存会から復刻版が刊行されている)
  • 熊谷元一写真全集全四巻(第1巻 戦前編、第2巻 戦後編 1、第3巻 戦後編 2、第4巻 伊那谷の祭り)(郷土出版社1994年)(第48回毎日出版文化賞特別賞受賞)
  • 写しつづけて69年 会地村‐阿智村 昭和・平成(熊谷元一写真童画館、2003年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]