熊本會

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熊本會の代紋「対い白鶴」

熊本會くまもとかい[要出典])は、熊本県に本部を置く暴力団熊本市内の有力ヤクザ組織5団体が結成していた親睦団体『熊本連合』を前身としている。

来歴[編集]

熊本の地元組織が大同団結して結成していた『熊本連合』(旧『熊本二十日会』[1])が2005年に解散。その一部は山口組道仁会へ移ったものの、引き続き独立を志向した中核勢力が新たな団体を組織。これが熊本會の起こりであった。[2]

情勢[編集]

熊本連合の代紋

前身にあたる“熊本連合”は、虎門会、大久保一家、山野会、西心会、および大村一門という熊本市内の5団体から構成されていた親睦組織で、熊本の“反山口組の牙城”と言われていた[1]

福岡県内に本部を置く工藤会道仁会、および太州会が1991年から結成していた親睦団体“三社会”に2005年から加入。これにて三社会はその名を“四社会”へ改めた。親睦団体を超えた“攻守同盟”とも言われるのがこの四社会で、その加盟4団体中、暴力団対策法に基づく指定を受けていないのは熊本會のみとなっている。[2]

結成以降毎年の事始め式は健軍神社で行っているが宮司はこれを良しとしていないなど神社内でも意見がわかれている。

歴代会長[編集]

  • 二代目 - 戸崎豊[2]

最高幹部[編集]

  • 会長 - 戸崎豊
  • 理事長 - 森原秀德
  • 総本部長 - 中村辰藏

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『バックナンバー2005年10月号-1面記事:“反山口組の牙城 熊本連合遂に解散”』 2005年 熊本県民新聞
  2. ^ a b c 実話時代 2012年6月号 : “特別企画 全国親睦団体の現況:九州「四社会」” (p.60-63) 2012年6月1日 メディアボーイ