煮しめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
重箱に詰めたお煮しめ

煮しめ(にしめ)とは、煮る調理法のひとつを用いて調理された料理。日本の代表的な家庭料理の一つでもある。

概要[編集]

根菜類や類、こんにゃく昆布油揚げなどを甘辛く煮たものをこう呼ぶことが多いが、煮しめにされる具材はその地方や季節でさまざまであり、肉類、ちくわかまぼこなどの水産練り製品(いわゆる練り物)、地域によってはも用いられ、味付けもさまざまである。日常の食事において供されるほか、お盆正月節句祭りなどの、人が多く参集する際のふるまい・もてなし料理としても供される。こういったことからいわゆる「お袋の味」のひとつとされることも多い。

煮汁が残らないように時間をかけてじっくり煮る調理法を「煮しめる」というが、これが転じてそのように料理されるものを「煮しめ」と称する。「煮染め(にしめ)」「煮締め」「お煮しめ」などとも言う。

なお、染物にも「煮染め」といわれる技法があるが、こちらは「にぞめ」と読むことが多く、染色液が残らないほど煮るわけではない。

煮しめの作り方(小煮しめ)[編集]

一例として、福井県郷土料理である「小煮しめ(こにしめ)」を挙げる。

冬場はやや日持ちするので、大なべで多めに作るのが通例。時間が経つと最後には具が多少溶けて、汁と絡まってどろどろになる。ご飯の上に掛けて食べることもある。

  1. 厚揚げ干し椎茸にんじんこんにゃくたけのこ、結んだこぶサトイモ大根などを煮ても壊れない程度でサイコロ状に切る。
  2. たっぷりのだし汁に具を入れ、味付けに醤油砂糖みりんお酒などで味付けをする。

参考画像[編集]

関連項目[編集]