煕洽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
熙洽
Xi Qia.JPG
プロフィール
出生: 1883年
死去: 1950年
出身地: 清の旗 遼寧省瀋陽市
各種表記
繁体字 熙洽
簡体字 熙洽
拼音 Xī Qià
和名表記: き こう
発音転記: シー チャア
テンプレートを表示
Flag of Manchukuo.svgの旗 満州国の政治家
熙洽
出身校 陸軍士官学校留学
前職 吉林省長官公署長官

任期 1936年 -

Flag of Manchukuo.svgの旗 財政部大臣
内閣 鄭政権
任期 1934年 -

Flag of Manchukuo.svgの旗 初代財政部総長
内閣 鄭政権
任期 1932年 -

吉林省省長
任期 1932年 -
テンプレートを表示

熙洽(き こう、1883年 - 1950年)は清末中華民国満州国政治家愛新覚羅氏出身であり、満州国ではその建国に参加、財政部総長、財政部大臣、宮内府大臣などを歴任した。

来歴[編集]

[編集]

辛亥革命の時に、煕洽は宗社党の清朝復活運動に参与して、の統治を回復することに尽力する。若い頃、日本の東京振武学校(士官学校の予備校)、陸軍士官学校に留学した経験がある。中華民国成立後、東北陸軍講武堂の教育長になった。

満州国[編集]

建国[編集]

煕洽は、留学経験もある日本と比較的親しくしていたため、日本の力を借りて復権を達成することとなる。1931年満州事変が勃発した時、熙洽は東北辺防軍の駐吉林副司令官兼吉林省主席の張作相の吉林における一切の政務を代行した。日本軍が吉林に進撃する時、煕洽は日本と協力して、吉林省の長官公署の長官となった。その後熙洽は溥儀を首班とする満州国(清朝)の復活を計画する。1932年大同元年)3月9日、満州国が正式に成立し、翌10日、熙洽は初代財政総長兼吉林省省長に任命された[1]1934年には財政部大臣、1935年5月21日には宮内府大臣となった[2]

崩壊[編集]

1945年第二次世界大戦終結時、満州国はソ連の攻撃の下で瓦解し、ソ連軍に逮捕され、チタ、ハバロフスクに収容された。1950年に他の満州国官吏たちとともに中華人民共和国に引き渡されて、ほどなく哈爾濱の戦犯管理所で病死した。

人物[編集]

愛新覚羅氏遼寧省瀋陽の人。煕洽は愛新覚羅氏で、太祖ヌルハチの実の兄弟ムルハチ中国語版の後裔である。

[編集]

  1. ^ 「満州政府の閣員 昨日正式に発表」『東京朝日新聞』昭和7年(1932年)3月11日。
  2. ^ 「鄭総理辞表を捧呈 張景恵氏に大命降下」『東京朝日新聞』昭和15年(1935年)5月22日夕刊。

関連項目[編集]