無垢と経験の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
無垢と経験のうたから転送)
移動: 案内検索
『無垢と経験の歌』の口絵

無垢と経験の歌』(むくとけいけんのうた、Songs of Innocence and of Experience)は、イギリス詩人、画家、銅版画職人ウィリアム・ブレイク詩集

銅版画職人だったブレイクは1787年頃、独自のレリーフ・エッチングの手法を開発し、それを用いた彩色印刷(illuminated printing)により、1789年に詩集『無垢の歌』(Songs of Innocence)を発行した。これはブレイクの彩色印刷による詩作品の最初のものである。その後、詩集『経験の歌』(Songs of Experience)の広告が1793年に出たが、結局発行されることはなかった。『無垢の歌』と『経験の歌』が合本となり、ひとつの詩集として1794年に発行されたのが『無垢と経験の歌』である。この詩集は『二つの対立する人間の魂の状態を示す』(Shewing the Two Contrary Sates of the Human Soul)という副題を持ち、各詩にはすべて手書きで彩色されたイラストレーションが施されている。

『無垢と経験の歌』に収められた詩[編集]

無垢の歌[編集]

「羊飼い」
  • 序詩 (Introduction)
  • 羊飼い (The Shepherd)
  • こだまする草原 (The Ecchoing Green)
  • 子羊 (The Lamb)
  • 黒人の男の子 (The Little Black Boy)
  • (The Blossom)
  • 煙突掃除の子 (The Chimney Sweeper)
  • 迷子になった男の子 (The Little Boy lost)
  • 見つかった男の子 (The Little Boy Found)
  • 笑いの歌 (Laughing Song)
  • ゆりかごの歌 (A Cradle Song)
  • 神さまのイメージ (The Divine Image)
  • 聖木曜日 (Holy Thursday)
  • (Night)
  • (Spring)
  • 乳母の歌 (Nurse's Song)
  • 生まれたての歓び (Infant Joy)
  • ひとつの夢 (A Dream)
  • 他のひとの悲しみ (On Anothers Sorrow)

経験の歌[編集]

「テルザへ」
  • 序詩 (Introduction)
  • 大地の答え (Earth's Answer)
  • 土塊と小石 (The Clad & the Pebble)
  • 聖木曜日 (Holy Thursday)
  • 迷子になった女の子 (The Little Girl Lost)
  • 見つかった女の子 (The Little Girl Found)
  • 煙突掃除の子 (The Chimney Sweeper)
  • 乳母の歌 (Nurses Song)
  • 病める薔薇 (The Sick Rose)
  • (The Fly)
  • 天使 (The Angel)
  • (The Tyger)
  • わが愛しの薔薇の木 (My Pretty Rose Tree)
  • ひまわりよ (Ah! Sun-flower)
  • ゆりの花 (The Lilly)
  • 愛の園 (The Garden of Love)
  • 浮浪児 (The Little Vagabond)
  • ロンドン (London)
  • 人間の抽象 (The Human Abstract)
  • 幼児の悲しみ (Infant Sorrow)
  • 毒の樹 (A Poison Tree)
  • 迷子になったある男の子 (A Little Boy Lost)
  • 見つかったある女の子 (A Little Girl Found)
  • テルザへ (To Tirzah)
  • 学童 (The School Boy)
  • 古の吟遊詩人の声 (The Voice of the Ancient Bard)
  • ある神のイメージ (A Divine Image)

本作による音楽作品[編集]

日本語訳[編集]

  • 『対訳 ブレイク詩集』 岩波文庫松島正一訳)
  • 『ブレイク詩集 ― 無心の歌、経験の歌』 平凡社ライブラリー(土居光知訳)
  • 『無心の歌、有心の歌 ― ブレイク詩集』 角川文庫寿岳文章訳)
  • 『向日庵本「無染の歌」「無明の歌」』(寿岳文章訳)

外部リンク[編集]