無住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無住(むじゅう、1227年1月17日嘉禄2年12月28日) - 1312年11月9日正和元年10月10日))は鎌倉時代後期の僧。字は道暁、号は一円。宇都宮頼綱の妻の甥。臨済宗の僧侶と解されることが多いが、当時より「八宗兼学」として知られ、真言宗律宗の僧侶と位置づける説もある他、天台宗浄土宗法相宗にも深く通じていた。

梶原氏の出身と伝えられる。18歳で常陸国法音寺で出家。以後関東大和国の諸寺で諸宗を学び、また円爾に禅を学んだ。上野国長楽寺を開き、武蔵国慈光寺梵鐘をつくり、1262年(弘長2年)に尾張国長母寺(ちょうぼじ)を開創してそこに住し、80歳の時寺内桃尾軒に隠居している。和歌即陀羅尼論を提唱し、話芸の祖ともされる。

著書は、「沙石集」「妻鏡」「雑談集(ぞうだんしゅう)」など。